2018年6月18日月曜日

父の日と案山子

今朝大阪で震度6弱の地震がありましたが、我が家は震源地とかなり近かったものの皆大丈夫で元気にしていることを報告させていただきます。今後も余震に気を付けておこうと思います。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。

さて、全日本へ向けて最後にしっかり練習する週。
月:通勤チャリのみ
火:ローラー110m 241w NP256w
水:外 55km 1:47 223w NP 270w
木:外 38km 1:18 214w NP260w
金:ローラー80m 182w
土:Z8 179km 5:50 209w NP251w
日:Z3+インターバル 107km 3:44 195m NP255w
     ローラー60m 144w

月曜は休んで、火曜はやや低めの強度で淡々と、最後じわじわ上げつつ10分だけ30秒インターバルを400w前後で。
水曜早朝は外へ繰り出してみるもかなり調子は悪げ。ダメ元で東福井の20分LT走に突入し、粘りまくって何とか20:33 322w。
これでほぼ使い果たした感あったけど、彩都の周回コースに入って5分程度の上りを3回ほど。
徐々に動けるようになってきて282w→303w。3周回目でメーター見ずにリラックスしていいスピード出せるように意識。315wぐらいかなと思って見てみたら338wだったので悪くない感触。最後に30秒を600w前後で3回ぐらいやって終了。
木曜早朝も外へ。睡眠不足が続いておりまるで動けそうになかったので前日同様彩都の周回を淡々と。250w程度から入って、徐々に…

と途中まで書いてあったのですが、やらねばならんこともあるのでこの辺で。土日はフジタさんのブログを参照ください(笑)

関西の皆様は余震に気を付けてください。


買っただけになっていたこいつを取り付けねば。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
とりあえず写真だけ




















息子のアトリエと父の日の作品。ありがとう。

2018年6月10日日曜日

Z13(clockwise) / cuboro

今週平日はここ最近の中では一番マトモな練習ができた。
この前の日曜が負荷の高い練習だったので月曜は60分、火曜は20分の軽いローラーと通勤チャリのみだったが、水曜に90分250wちょい、木曜に60分285wちょいと久々にベーシックな練習をこなせた。まあ負荷はこれ以上上げれませんでしたが。
今週末は元々は富士ヒルクライムにエントリーしていたものの土曜夜から当直業務になってしまったためDNS、代わりに土曜にボリュームをこなそうと思って金曜は軽めにローラー90分。

土曜はまたVELOCEの練習におじゃまさせていただき、東福井から7:00スタート。
が、起床時のだるさから予感していた通り調子が悪く、いつもLTペースで20分走るこの峠で先頭に出た時でさえ300wがかからない。こりゃダメかもとローテを回しつつ終盤はスタンディングで上げていこうとするも次第に落ちてせいぜい300w程度が精一杯。タイムも単独の時より遅くて21:20 277wほど。
この後は銭原ループを先週とは逆回り(時計回り)で4周ほど。最初は千切れるんちゃうかと冷や冷やしていたが、次第に少し動けるようになってきて登り区間は280w前後で。そしてこの日は2つ持ってきていた豚饅は相変わらず美味い。
4周終了後の余野ファミマで補給してから皆さんと別れて再スタート。あと6周やります、と行ったものの果たしてこなせるのか…。
無理せずに登り区間250w程度で走るもやはりダメみたいで次第に落ちてきて230〜240w前後で。
しかしこれ以上動かなくなることはなかったので、低強度でしか走れないのでせっかくなら先週より沢山走って登るかと思い始める。結局、最初の東福井からの登りを含めれば13周して終了。

銭原ループ(時計回り)13周 242km 8:15 4350m up 195w NP230w

終了後に表示されたけど、まあそりゃそうだ。

自己満足な練習だけど、徐々に登るスタミナが形成されつつあるのは感じた。調子悪かったけど最初にVELOCEの皆さんと一緒に練習したお陰でしっかりとした練習をすることができ、感謝です。

帰宅後のスイカが美味すぎて文字通り身体に染み渡りました。

日曜日。夜は何度か起こされたが朝に富士ヒルの速報アプリをチェクしていると最終盤で田中君と星野選手が抜け出してマッチアップとなっており興奮する。フィニッシュ後、ネットタイムは田中君優勝となっているが果たして…?
しばらく現地情報を漁っているとやはり田中君優勝とのことで自分も嬉しく刺激をもらった。
朝の業務をこなしてから昼前に帰宅、ご飯を食べながら雨雲レーダーを見つつ、外に行くかローラーにするか迷った挙句外へ。いづれにせよ昨日の今日で強度を上げれそうにはないが、ダメ元でLTレベルで登ってみるかと。
東福井まで行ってLTレベルで入るも、開始1分でこれはダメだと悟る。SSTぐらいならと290w前後で走ってみると何とか維持できそう。
パワーよりも、スムーズなペダリング、身体の動きを心掛けて頂上まで、22:17 291w。想定してたよりも悪くなく、むしろ前日よりいいかもと思う。
前日とは逆の反時計周りで下っていくも、山の頂上から向こう側にかけて雨が激しくなってきて、見山の郷の登りでは身体に力も入らなくなってきてヘロヘロに。1周だけしてから下って退散。
下界に下ると雨は止んでいる。帰路で何度か30秒程度のインターバル入れてみると何故か徐々に動けるようになってきて、30秒600w程度を3回ぐらいこなせた。このあたりの領域はだいぶ楽にパワーを出せるようになってきた感がある。
62㎞ 2:10 187w NP250w
帰宅後に補習ローラーを1h150wほどでやって終了。

全日本のエントリーリストが発表され、ちゃんと自分の名前があったことで集中力が高まってきている。次の週は仕事面でも少し山場を迎えるが、どちらも集中してこなしていきたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2年ぐらい(?)前の我が実家からの息子へのプレゼントが、長い入荷待ち期間を経てついに到着した。

かの藤井七段が幼少期に楽しんだという玩具です。



指示されるのが嫌いな息子(私も)は自分でやりたいようにやってました。


もはや歩き出しそうな娘。


ひょうきんな娘です。


妻へのプレゼントのブルーベリーがいつの間にか結構大きな実をつけていました。


そしてデーツの芽がいつの間にやらこんなに(^^;)

2018年6月4日月曜日

銭原ループと551豚饅

今週も平日はまるで練習にならなかったが、週末ぐらいは内容のある練習がしたいと思って土曜日はFJTさんらVELOCEの早朝練習に参加させてもらうことに。昼から仕事なので朝早くてちょうどよかった。

最初のみのお山荘はぼちぼちの強度で、と思っていたところインハイ予選を翌日に控えたタケハル君が上げていくのでそれを追って、その後はほぼ先頭で勝尾寺山頂まで。
ちょっと下ってから動物村の激坂ルートを超え、銭原ループを2周回ほど。
私がたくさん登れる周回コースを探していると言うことでこのループを教えてもらったのですが、これはなかなかよい。
〆の裏高山でFJTさんが上げていって最後まで捕まえれず、とりあえずこれで終了。おかげでいい練習ができました、ありがとうございます。
ここまでで50kmちょい。私は脚が売り切れたもののもののまだ走っておきたいなと思ってもう一度銭原ループをチンタラと何回か回ってみて翌日もここを走ることに決定。帰ってから昼飯食って当直業務へ。

6/2(土) 122km 4:23 190w NP244w

日曜日。朝に仕事から帰宅して急いで準備。
先日、美山ロードに両親が応援に来てくれてその後もしばらく大阪に滞在していたのですが、酔っていたのか551豚饅を大量に買ってきてくれた。その前日の晩に「減量はいいの?」「そろそろ減らしていかなあかんな〜」みたいな会話をした気がするのですが…。家族全員へと思って買ってくれたんやろうけど、妻はそんな食べないやろうし、息子も小食で、というかおそらく食べないだろうし、一体この賞味期限2日ぐらいの大量の豚饅をどうすりゃええんやと思ってとりあえず補給食にするかと、豚饅を持って行くことに。

これがまだもう一箱あるという…。以前も父は酔った勢いなのかミスドのドーナツを大量に買ってきたことがあったな…(^^;)

昨日教えてもらった銭原ループは、1周15.7km、315mアップで今日はここを10周+αすることに。
集合地点に向かう途中のいつもの東福井〜ふわふわ倉庫で、ある程度ダメージを与えておくことと調子をみることも兼ねて20分走を敢行。無理せず走ることを心掛けて19:50 325wと悪くなく、前日よりも動けている。体重増えててパワーは変わらんのにタイムは今シーズンベスト。暑くなってきたからだろうか。

下って余野ファミマでSadaさんと合流。
最初は少なくとも5周回目まではゆっくりめで入りましょうと話して前日と同じ反時計回りでスタート。
が、ある意味予想通りというかSadaさんのペースが速い。き、聞いちゃいね〜(笑)ペーシングが苦手なんだろうか。Sadaさんはフィジカルも強く、持久力も長距離を耐えるメンタルも強いので、こういったパワーロスを防いでいけばさらに飛躍する可能性があると思っている。
で、このペースでは最後まで持ちそうにもないので(というか最初から苦しむのが嫌なので)、千切れてマイペースで。下りで追いついたりして3周目ぐらいにはペースも落ち着き、逆に私が動けてきてほぼ先頭で。といっても登り区間(7〜8分ぐらいの登りが2つ+α)で270〜300wぐらいで無理のないペースで。
腹が減ってきた時に例の豚饅を摂取。腹にもたれるかなとも思ったけどそんなこともなく、それより美味すぎる。もはや豚饅を食べるのを楽しみに走ってると言っても過言ではなく親父に感謝しつつ走る(笑)
5周目で水分補給のためにいったん余野ファミマにピットイン。2L麦茶と3つ目の豚饅を補給して再スタート。
7周目でついにSadaさんがドロップ。さっきの休憩でちょっと脱水っぽいと言っており無理せずにと伝えておいたので、ここは待たずに先に行かせてもらう。今日は暑い。
8周目後半で私も怪しくなってきてややパワーダウン。どうも自分も脱水傾向っぽかったので9周目終盤の自販機でお茶とエナジードリンクをボトルに補給。すると何故か10周目に復活してこの日最速ラップで走れて無事完遂。Sadaさんは9周目まで走り切ったらしい。やはりメンタル恐るべし。

6/3(日) 212km 6:58 211w NP244w 

うむ、お陰で久々に満足のいく練習ができた。これも練習を一緒にさせていただいた皆さんと、送り出してくれた妻のお陰。ありがたや。

豚饅は冷凍したのでまた来週もこれを持って走ることとしよう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
土曜は息子は今季初ヨットに連れていってもらったようです。



いよいよ夏ですね。その前に梅雨ですが。

日曜夜は息子と久々にこのオモチャで。

タワー組み立てて小さいボールを転がすおもちゃ。
LEGOといい、粘土の造形といい、創造性が日増しに向上して驚くことが多いです。

2018年6月2日土曜日

美山ロードC1 DNF / 案山子

さてさて、またしても更新が空いてしまって今更ですが先週末に美山ロードに出場してきました。
関西地方のサイクリストにとってはメジャーな大会の一つであるこのレース、C1は九鬼ヶ坂(1km、9%)を含む1周10kmのコースを7周回する70km程度で行われます。昨年は鈴鹿エンデューロとかぶっていたので2年ぶりの参戦です。地元の良く知ったコースで行われるレースですが、近年はトップPのチームが多く参戦するのと、自分自身このぐらいの距離のレースが苦手なのもあってあまりいい成績を残せたことがありません。

この週の平日もあまりいい練習はできませんでしたが、前日土曜に近場で同じような2分ちょいの短めの登りを何本かこなした感じでは無理せず380~440wぐらいで走れており、最近のコンディションを考えればまずまずといったところ。

レース当日は早めに起きてタイヤ交換などの準備を行い、久々に家族を連れて車で美山まで。行く途中の豊能町で案山子を何体か発見し、案山子にはまっている息子のために帰りに寄ることに…。

出発時いつものごとくバタバタして遅れたため、レース会場に到着して急いで準備するも残されたアップ時間は20分ほど。近場を強度高めで走って体を慣らしておく。まあ悪くはなさそう。スタート集合場所に向かうと安定の最後尾でスタート。
せっかく両親も旅行がてら応援に来てくれているがこりゃ先が思いやられるぜ…。

スタートして徐々に位置を上げていく。トップPの数が少ないのでここ数年より落ち着いている印象。落車回避のためにも早めに位置を上げておきたいが、最初は特に何か起きやすいので焦らずに車間はほどほどにマージンを取って…と思っていたら早速1週目のトンネル回避の旧道入り口でちょっと前の選手が溝に落ちて落車発生。
ここはうまくすり抜けて落ち着いて集団を利用して前の集団に追いつき事なきを得た。
1周目の九鬼ヶ坂はペースも落ち着いており、徐々に位置を上げて下りへ。
2周目に入ってしばらくしたら先頭付近へ入ることができた。ほぼダメージなくここまでこれたので今までの中では一番良い展開。
2周目の中盤でローテで自分が先頭に出たときに、ペースを上げていないにもかかわらずなぜか少し飛び出すかたちになっている。
ん、これは?と思ってしばらくそのままのペースで走っていると、どうも後ろの選手が先頭を牽くのを嫌ったせいでどんどん離れていく。
前に3人ぐらい学生(?)が逃げているのが見えていたし、まあせっかくならと思って無理せず淡々と前の逃げを追走開始。
前との距離は順調に縮まり、後ろとは20秒ぐらいで九鬼ヶ坂へ。
このまま後ろから強力な選手が何人か来てくれたら理想的なんだが、と思いつつ無理せず自分のペースで淡々と走っているとシマノや龍太郎君(イナーメ)がかなりの勢いで上がってくるが見える。
しめしめと思いつつ、これがかなりのペースだったので頂上手前で追いつかれると同時に前の逃げもキャッチし、数人で下りへ。
下ってから集団のメンツを確認すると…

秋田選手(シマノ)、下島選手(ブラーゼン)、柴田選手(ブラーゼン)、安田選手(シエルボ)、孫崎選手(早稲田)、中井選手(京産)、野本選手(明治)、中村龍選手(イナーメ)、寺崎選手(バルバ)、マツケンさん(VC Fukuoka)、わし(抜けがあったらごめんなさい)
という、見事に有力選手しかいない構成。

ナニコレ最高、と今までにないいい展開にかなりしめしめな状態。
後ろには有力な学生も残っているはずだが、こっちにほぼいると思われ、プロはすべてこっちと思われる。イナーメは龍太郎君がいるので後ろはひかないはず。普通に考えればこの集団で勝負が決まるのは明らか。

3周目を協調のとれたローテで走ると後ろとはすでに40秒ほど。
九鬼ヶ坂は龍太郎君が先頭で淡々と。ははあ、お米狙いかと思って誰も最後まで前に出てこずそのままお米ゲット。
4周目も淡々と進み、次の九鬼ヶ坂は孫崎君が先頭で。龍太郎君に「これって毎周回お米あるの?」ときくと「そうです」と。「今回は大樹にとらせてあげてください」と言うのでそうだわなと思ってそのまま孫崎君が先頭通過。
ちなみに孫崎君とは彼がまだ中学生でトライアスロンをやっていたころ、私がちょうど入ったばかりの京都のチームに、チームの後輩たちとの合同練習のために来ていたことがあるので僕は知っているが彼は覚えてはいないだろう。その頃から体格は中学生とは思えないぐらいしっかりできていた。しかし、その当時彼に苦杯をなめ続けていた私と同じチームの後輩はその後成長を続け、現在はトライアスロンのU23でトップ選手でエリート日本代表としても各国のレースに出ている。時の経つのは早いもんだ。
5周目、そろそろ誰か上げてくるのかな、と思いきや後ろとの差もさらに開いているので淡々と進み、九鬼ヶ坂へ。このまま淡々と進みそうな匂いを感じていたので、私が登り口から先頭で走って、よしこのままお米ゲットだぜ~と思っていたら終盤に寺崎選手らがわらわらとお米を獲りに上げていく。
あれれ?とは思ったけど、主食はほぼオートミールで白米食べないしまあいいやと思ってここは無理に上げずに集団で山頂クリア。

妻撮影。私が先頭で走ってるまだ元気な頃の写真がFJTさんのブログに掲載されていますのでぜひ見てください(笑)

残り2周の6周目も淡々と走り九鬼ヶ坂へ。
そろそろ誰か上げてくるかな?と思いつつ、再び最初は私が先頭で淡々と上っていると、明治大学の野本選手(だったかな?)がかなりいいペースでアタック気味に上げていく。
みんなこれはお米狙いだと感じたのか誰も追わずに集団でクリア。これまで大体登りは370~400w程度といったところ。
ここまででまだ結構余裕があり、1発程度なら上げる脚は残っていそうなのでとりあえずこの集団から脱落することはないだろうと感じていた。
下りに入り、柴田「追いましょう」と言ったような?いいペースで下っていく。彼は京都出身でまだ大学1年か2年のころに一緒に練習したことがあった。当時は普通の好青年だったが、その後徐々に実力をつけてなんとプロ入りするまでに。プロ入り前にも一度2人で小浜まで練習に行ったことがあったな。
いやはや強くなったもんだと思いつつ、下っていくけども、後ろから見ていてもコーナーで攻めすぎな気がする。こんなにバイクを倒して大丈夫か?と思っていたら2つ目の急なコーナーでスリップし、落車。後ろを走っていた私は避けることができず、とりあえず一応保護マットがついているガードレールに激突することを選択して落車。どうも私の後ろのマツケンさんも突っ込んでしまったっぽい。
うまいこと激突したので身体はほぼ問題なさそうだが、急いでバイクにまたがって走り出すと前輪ブレーキが押し付けられた状態になっており走れない。
曲がったブラケットを直して、ブレーキを全開にするも直らない。力づくで位置を変えようとするも、ダイレクトマウントのためか動かない。ホイールはほぼ振れていない気がするがなぜ?
とりあえずあきらめて、ブレーキを引きずったまま走りながら直そうとするも、やはり直すことができない。おまけになぜか変速までできずアウタートップ固定。きっとブラケットが曲がった時にコードが外れたんだろう。
九鬼ヶ坂をちんたらと下りつつ、何とか直そうと試みるも不能。こうなるとブレーキ熱でホイールが壊れたりタイヤがバーストするんではと心配になる。
またニセコの時のようにバイクごと交換するしかないと思うが、マビックカーはいるはずもなく。
しばらく走っていると後ろからの追走の学生3名に抜かれ、さらにその後ろからも集団が。
走れるなら遅れてもあきらめず走るけど、バイクがどうすることもできず、故障や事故の可能性もあるなと考えて無理せずDNFを選択しました。

美山では今までになかったいい展開にわくわくしていただけに非常に残念でしたが、幸いけがも大したことはなく(ほかの2人を含め)、バイクも落ち着いてみたらほぼ大丈夫だった(フォークからハブ軸がずれてしまっていただけだった)ので不幸中の幸いといったところでした。
無事是名馬?身体は大丈夫なのでこのままトレーニングはぼちぼち続けていきます。
今週も平日は疲労困憊で起きれなかったり、ほとんどローラーに跨って低強度で流すぐらいしかできませんでしたが…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、例の案山子。美山へ行く途中に妻が余野ファミマ近くに案山子があるのをみつけたので帰りに寄ることに。今まで何度も通ってきた道だけど全く気が付かなかったなあ。

と、その前に久々にエマコーヒーへ。前に来たのも2年前の美山後だったな。

車を停めて案山子のある田んぼへ。どうやら義父に先日も連れてきてもらったらしい。

5体います。お判りでしょうか?


近くで見るとシュール過ぎる案山子


シュールな案山子が5体、全てこの田んぼの中心を向いている。恐ろしや…。


草むらにヘビも発見。


これも前日義父に連れてきてもらった時の写真ですが、これも近くにあったものの帰りには閉店してて見れず。

秋になれば道の駅美山にもまたたくさん出現するかなあ。


2018年5月20日日曜日

自転車に乗れた日

今週末は最近のことを考えればしっかり練習できた。

金曜は学会の関係で午前中に休むことができ、Sadaさんと美山へ。
ただ調子はかなりイマイチ。ガレリア亀岡まで走った時点でこれは今日は厳しいと悟り、8割ぐらいSadaさんに牽いてもらって美山まで。
なぜか九鬼ヶ坂だけ上げることができて周回コースを3周ほど。
ひょっとしたら復活したのかと思いきや、帰りもダメでまたほとんどサダさんに牽いてもらってガレリアかめおかまで。そこからは久々に完全にヘロヘロになりながら帰宅、190㎞ほど。

土曜は朝から仕事のため早朝にローラーを低強度で1時間ほど。
昼過ぎに戻ってきてからまたローラーを低強度で1時間ほどしてから後述の公園へ。
前日の影響で全くかからず。

日曜。息子の日曜参観&仕事でとりあえず早朝に低強度で1時間ほどながしてから職場へ。
仕事を急いで終わらせてから参観へ。そして昼過ぎに帰宅後、外へ。
高い強度を入れようと考えていたものの、またかかりそうな感じがしない。非常に疲れている。
無理に練習を詰め込もうとして睡眠不足なのが原因なのだろう。ずっと4.5h睡眠ぐらいが続いており、脳が力をセーブさせている感じがする。
全くかかりそうな感じがしなかったけどダメもとで東福井の20分走をぶっこむ。5分~10分と粘りに粘って322wほど。これはよく頑張ったと思う。その後はとても出せそうもなく2時間ほどで終了、60㎞程度。

低調ではあるが練習できたのは収穫。しっかりメンテナンスもしておかないとな…。睡眠含めて完全におろそかになっている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
土曜日にローラ終えてから息子と娘と外へ。
まずは前回は不発に終わったコマなしにした自転車に乗ってみる。
最初ストライダー的な乗り方で安定して走行できていたので、そのままペダル回してみたら?と提案してみたらあっさりと乗れた。



子供の自転車というと、小学生ぐらいになってから「絶対はなしちゃだめだよ」「うん、パパがしっかり持ってるから」というやり取りを経て、大人が嘘つきであることも同時に認識する通過儀礼のようなものだと思っていたが、どうやらストライダーの登場によってこの儀式は消滅しそうである。

すいすい進んでいたので自転車楽しいと言っていたのはよかった。


あとは鍛えるだけですなあ。



そしてそんな息子を追おうとする娘。


2018年5月19日土曜日

妻誕生日

先週は日曜にロング行く予定が結構激しい雨で乗れず、ローラー2.5hのみ。
相変わらず平日は乗るだけのことが多いが水曜は久々に早朝外に走りに行けた。行けた、というよりは行く気になったというべきか。東福井で20分ちょい323wでヘロってその後は上げられず。ショボいけど、朝にLTレベルで20分できたので最近のことを考えれば満足。
やや生活も落ち着いた感あるので6月末までは気合い入れて頑張りたいところ。今年はそこでとりあえず終了予定。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

妻の誕生日にハワイアンな店など。かつて新婚旅行でハワイに行ったのが夢のようだと、ハワイでの思い出を妻と話していた。また行きたいもんですな〜。

誕生日に花など。


娘の食欲&食べるスピードはすでに息子を凌駕している。というより息子の食欲がなさ過ぎて、そのくせお菓子ばかり欲しがるので困る。
これはもっと小さい時からあまりに食べないので何でも食べればとりあえずええわ、とお菓子でも食べさせたのも一因だったと思うのだけど、娘が何も言わなくてもちゃんと食べてるところをみると単に躾の部分というより本質的なものなんだろう。まあちゃんと成長してるからいいんですが。
余談ですが、「東大に子供3人を入れた母親の育て方」みたいなのあるけど、参考程度にしかならないと思う。子供に個体間差がありすぎる。



とりあえず、飯を食おうが食おまいが、兄妹仲良くやってるのでそれで父は満足です(実際に朝幼稚園前に息子に飯食わせようと苦心してる妻には頭が上がりません…



木曜夜に久々に京都へ。有意義過ぎるミーティングだった。ありがとうございました。

2018年5月11日金曜日

母の日

GWが終わりまた平常運転が始まった。
今週も練習できなかった日を含めてやれたとしても早朝にただローラー乗っただけ。平均150〜220w程度でチンタラと回すのみしか出来ず。前日のジロを見ながら、とりあえず乗るだけ乗っておこうという気持ちだけで起きている。
もうGWみたいな機会はないからあとは貯蓄を減らして落ちていくのみか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もうすぐ母の日ということで息子が幼稚園で描いてきたらしい。


最近カカシにはまっているので、カカシを描いてきたと。
息子は3歳だけど、丸描いて棒描いたフライパンしか描けなかった5歳児の時の私より圧倒的にいいじゃないか。

コレを見せるために私の帰宅を待っててくれたという。ママはこれで〜、と説明し始めたので、パパはどれかと尋ねたら「いない」と。

マジかよと思いつつ、寝る前にもう一度見せに来たから、もう一度パパはどれかと尋ねてみたところ、今度はコレだと。


「パパはコレ、かおはないけどな」
とのこと(^^;)