2014年11月10日月曜日

ツール・ド・おきなわ前日

昨年に引き続き今年もツール・ド・おきなわに参戦してまいりました!
昨年末より国家試験の勉強、結婚、社会人に、などいろいろあったので春頃まではまともなトレーニングもしておらず、モチベーションも全くなく、まあぼちぼちトレーニングできたらいいか~ぐらいに考えておりました。が、酒井先生やきょうへいにサイクリングに誘ってもらってトレーニングの楽しさを徐々に思い出してきたり、いよいよ子供が誕生するとなって、やっぱりレースとか出てる親父になりたいな~とか思ったりしていると、徐々に体も心ももどってきていつの間にか去年出て楽しかったこのレースを目標にしてトレーニングをしっかりやるようになっていました(笑)
まともなトレーニングをし始めたのは大体6月ぐらいと遅いスタートでしたが、運よく仕事も比較的練習の時間がとれる業務内容だったので、しっかりトレーニングできるようになりました。すると、昨年までと違って自転車しかしていないので、夏ごろには昨年よりも出力的にいい値が出るようになってきました。それとともに減量の重要性に気付いて、食事の量をやや控えめにしていったらパワーを落とさずに体重は減少し、結果として昨年より強くなってしまいました。パワーの向上もそうですが、減量に関してはまだキャリアが短いので来年以降も向上が見込めそうですがそれはまた別の機会に。
210kmなんてまともに走れるのか不安はありましたが、やっぱりトップレベルのアマチュア選手と戦ってみたいという思いが強くてエントリーを決め、ここで戦うのを目標にレースを積んできました。

…、と前置きが長くなりましたが、そんな感じで前日土曜朝に神戸空港発で沖縄入り。
神戸空港の朝

金曜の仕事が長引き、きょうへいを迎えに行って21:00ごろから全ての準備開始したため4時間ぐらいの睡眠で。そのため飛行機では離陸前にすでに寝ているような状態。
人生初フライトとなった息子殿は初めてで興奮したのか、○○○をしてしまうというアクシデント(でもないけど(笑))発生。しかしスッキリしたのかかなりご機嫌な御様子。

この笑顔(笑)


到着すると現地は降ったりやんだりといった天気だが、まずはのりさんに教えてもらったお店でお昼ごはん。めっちゃ美味しかった。
みなとまち食堂とみなと(息子の名前)

昨年と同じ妻お気に入りの恩納村のホテルで妻と息子を降ろして、僕ときょうへいは受付を済ませてから羽地ダムを通るコース試走に。雨が止んでくれておりよかった。

調子は、まあ悪くはなさそう。ここ2週間ぐらい微妙な調子だったので心配していたが、まあちゃんと走れそうだ。
帰宅してから昨年も行ったホテル下の沖縄料理屋へ。この日食い過ぎた感があったので多少体重が心配(笑)実は体重調整には若干失敗した感があり、2週間ほど前に平常時61kg前後に絞れてきてだいぶええ感じになってきたと思っていたんだが、AACAカップレース後に油断してやや暴食したのを契機に、練習量が減少したのとも相まって、62~3kgにまで戻ってしまった。この日かなり食べたのでレース当日はどうだったのだろうか(笑)まあ、これは来年の課題ということで…(レース後に高岡さんと森本さんが相当に絞り込まれているのを見て、ああ、こうじゃなきゃ勝てんのだわと痛感させられることになりました)。

ホテルでレースの補給食を準備してから22:00頃就寝。
翌日のお昼ごはん。全部で2000kcalぐらい。

この昼飯のスポーツ羊羹をノリさんにいただいたので試走の時に使ってみたんだが、美味しいし食べやすい(これが一番のポイント)しで、迷わず翌日の採用を決めた。「食べやすさ」というのは補給食の大きなポイントだと思う。

翌朝、4:30に起きていざレースへGO!(後篇へ続く)


0 件のコメント:

コメントを投稿