2015年1月2日金曜日

ローラー3時間 242w NP:257w L4 20分×2 ①322w②322w / 箱根駅伝観戦 / 初詣

朝起きても一面雪景色。
大文字と比叡山が美しい


今日は仕事休みで朝ゆっくりしてから、箱根駅伝をテレビで観戦しながらローラーをする、というトレーニングを選択。
今日は久々にちょっと高い強度を挟んでみるつもり。
昼前ごろにスタート。最初の1時間は230wほどで。まだ大晦日のランの疲労が抜けていない感じでだるい。途中5分320wぐらいを入れてみたけどちょっと維持するのがきつい。このオフシーズン、重めの負荷で低ケイデンスでずっとやっていたのもあってか、まだ85rpm以上に慣れていない感じもする。
どれだけやれるのかわからないけど、1時間経過した時点で20分やるつもりでスタート。
このときちょうど箱根の5区が始まっており、青山学院大の神野選手が快走していた。
ので、私も力をもらってしっかり脚を回せて最後までパワーを維持できた。20分322wで、久々としては上出来。
このあと20分レスト(220w程度)を入れる予定だったのだが、20分休むと5区が終わってしまうので、10分休憩にして2本目スタート(笑)
さすがにこういうメニューが久々なこともあって1本目より維持するのがきつい。しかしテレビの中で5区の選手たちが頑張っているので(笑)私もパワーを落とすわけにはいかずしっかりと回す。
おかげでなんとか20分322wで維持できた。維持するのがきつい中でもしっかり殿筋から出力するというのもできていたと思います。
ちょうど終了した時に5区の神野選手もフィニッシュ。「山の神」柏原選手の区間記録をさらに上回ったらしい。今年から函嶺洞門の改修にともなって少しコース変更になったようだが、その差は数秒ぐらい、しかも長くなったらしいので、区間新と言えるだろう。素晴らしい記録だ。表彰式の時に他の選手と並んでいるところを見たけどかなり小柄(164cm43kgらしい)でまさに「クライマー」という感じだった。やっぱりランでもこういう体格の選手が速いんだろう。
そのあとは70分を200w程度で流してトータル3時間で終了。いい練習ができて満足でした。

今日駅伝見てて思ったんですが、多くの人が正月にテレビで見たり応援したりするだけあって、やっぱり箱根駅伝は面白い。たぶんコースに上りが含まれているのも面白くしている要因だと思うんですが。日本の大学生のエリート長距離ランナーはみんな箱根駅伝を目指すから日本の男子マラソンは、云々みたいな批判をよく聞くけど、正直なところマラソンより見ててもおもしろいし、注目されるからみんなそこを目指して当然な気がします。むしろこういうレースがいつか世界でも行われるようになったら世界的にも人気出るんじゃないかと思う。ツールドフランスみたいな感じで。
前も同じようなこと書いたけど、別にエリート選手だったとしてもオリンピックで活躍することがすべてだとは全く思わないし、箱根駅伝に全てを捧げて、そのあとはマラソン目指す気もないので引退して次の人生に向けて歩きだすっていうのは全然ありだと思います。むしろマラソンに箱根以上の魅力がないのが問題(というかしょうがない)なのかな、と思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕方に妻が実家から戻ってきて、ついでに平安神宮に行ってみました。
こんな天候だからかあまり混んでなかった。

全く信仰心とかないんですが、せっかくなので初詣に参拝してみました。

初詣なんてしたのいつ以来だろう・・・。

妻の実家でお世話になってきました。


0 件のコメント:

コメントを投稿