2015年2月15日日曜日

2015京都マラソン 9位(年代別2位) 2:29:44 

京都マラソン、2時間29分44秒で9位(年代別2位)でした。

共に完走した妻とゴール後に

入賞はできたっぽいのですが、8位までが表彰台だったのでちょっと残念。でもアップダウンのあるコースで目標だった2:30も切れたし、力も出し切れたので結果に満足しています。

さて、京都マラソン当日。

前日就寝が遅くなったので(いやむしろ日が変わる前に帰宅できてよかった)、ちょっと起床を遅めにして5:30起床。
お気に入りのグランディールのサーモンとクリームチーズのベーグルともう一つベーグル、ヨーグルト+ミューズリーを食べてから出発。今日は妻も一緒にレースに出るため、息子は妻のお母さんに預けて行くことになっていたのだが、予想通りぐずりまくって出発が遅れた。でもなんとか出発。

スタート前はほぼアップできず。ダイナミックストレッチとジョグを少々したのみ。まあ自分のペースで走るだけのマラソンなのでこれで十分。
アップ中の写真。完全に不審者(笑)

妻もアップ中。

今日はレーススタイルでの参戦のため、スタート時間までに脱いでしまっては凍えてしまいそう。のりさんが旦那様の応援に西京極の競技場まで来てくれていたので、スタートラインに並ぶ前にウエアを預かっていただくことができた。
のりさんに衣類を。ほんまありがとうございました。

スタート前に久々に末岡に会った。元気そうにしておりよかった。デュアスロンアジア選手権優勝などトップ選手になった彼ですが今回は諸事情によりゆっくり走るとのこと。もっとしゃべりたかったけどスタートが近付き別れた。スタートは相変わらず先頭付近ではないけど、最近のレースの申請タイム順にスタートがブロックに分かれているし、自分にしてはそこそこ前の方にいけた方。
すでにトイレに行きたくなってきたが時間が来て、いざスタート。
最初は予想通り前が詰まってまともに走れなかったけど割とすぐにすいてきてちゃんと走れるようになった。最初の1kmの入りは3:33/kmとまあまあ。
先日のペース走21kmで3:30/kmペースで楽に走れたので、今回はとりあえずこのペースで序盤走ってみて、楽そうだったらそのままのペースで走り、きつそうだったらもうちょい落として走るという作戦。
最初このペースで楽に走れてたので、とりあえずこのペースで行ってみることにした。
ずっと同じペースで淡々と走っているだけなのだが、何もしなくてもすぐに落ちてくる人たちがけっこういるので、その人たちをパスしながら徐々に順位を上げていく。たぶんスタート直後は100位ぐらいだったのだろうか。10km地点で推定30位程度には上がって、金閣寺方面へ向かうアップダウンのあるきぬかけの道へ。

京都マラソンは昨年まで一番の難所だった宝ヶ池付近の狐坂がコースからなくなったが、それでもマラソンとしてはおそらくかなりアップダウンのあるコース。

この10~20km付近のアップダウンでペースが落ちることは覚悟していたが、そこまで落ちることもなく、淡々と走れた。
15kmの金閣寺付近で、だれかが「すえおかくーん!あ、ちゃうわ!」と応援していただいたので、はーい!と答えた(笑) 声的にはかごママだったと思うのだが真偽は不明(笑)
17km付近の鴨川を北上するルートで初めて補給食が登場したのでバナナを鷲掴みして補給。どうも上位選手では私が初めてバナナを取った選手だったようで歓声が上がった(笑)
20km付近、鴨川から北山通りを東へ向かう時に、観客の方が私の後ろの選手に、22位!と言っていて、ここで初めて自分の順位を認識した。いいペースで走れていたのでそこそこ上位(10位ぐらい)につけていると思っていたのだが、思ったより下の順位だったのでちょっとがっかりした。まあでもよく考えればまだ半分しか来てないわけだし、まだみんな元気なんだろう、と思ってそのまま淡々とペースを刻む。
これはずっとこのままのペースで走れそうやな~と思っていたのもつかの間、植物園付近の25km地点ぐらいで、今まで詰まってきていた前5~6人の集団との差が詰まってこないのに気付く。ガーミンでペースを確認してもちょっと遅くなっており、脚が動かなくなりつつあるのを認識。
とはいえ鴨川に入るまでは我慢しようと決めていたのであせらず、無理のない範囲で走る。
28kmぐらいで鴨川を南下するコースに。ここはいつも走っているホームコースなのでいよいよ少しペースを上げてみることにした。コースは下り基調で得意だ。
そうすると徐々に前の集団に追い付いてきて、ちょうど府立医大病院の手前ぐらいで追い付いた。
ちょっと逆風だったのもあってしばらく集団の中で走ることにしたのだが、ペースが3:37/kmぐらいでちょっと遅かったので1kmぐらい一緒に走ってから丸太町に入る手前ぐらいで単独抜け出した。
のりさんより。
最近体がぶれずに走れるようになったと思っていたが、疲れてきたのか体が傾いている。

御所付近では脚はかなり動きにくくなっているものの、ペースを見ると3:25/kmぐらいで走っており、頑張っているせいかいい感じで走れている模様。
どうやらこのままいけそうな雰囲気。だれかが後ろの選手に、10位と言っているのが聞こえたので、お、ということは今9位か。これはひょっとしたら入賞できるかも?と思って頑張って走った。
しかし35kmぐらいの市役所へ向かう途中でさっき抜かした集団から抜け出してきた京大生に抜かれた。ちょっとだけついていったけど、脚をためていたようでかなりいいペース。まあ無理する必要もないし、そもそももうかなり脚が動かなくなっているので見送って自分のペースで走ることに。
まえから落ちてきた一人を抜いてこれで9位。
後ろを確認してもだれも来ておらず、9位以上は大丈夫っぽいがさっきの京大生は先に行ってしまったし前にはだれも見えない。のりさんが東大路沿いで応援してくれるもこれはちょっと厳しいか。
見えないけどだれか落ちてくるのを期待して頑張って走る。脚はもう動かなくなっているが心肺機能にはかなり余裕がある感じなので全身を使って無理やりスピードを保つようにして走る。
東大路を北上し、今出川を東へ。もうここまでこればいよいよ最後だが本格的に動かなくなってきて、上り基調なのもありペースも3:40/km程度に。
ここでむこうから選手が折り返してくるので前との差を確認できるのだが、う~ん、これはちょっと厳しそう・・・。
動かない体を何とか動かして走っていると残り1kmぐらいで何だか前の人との差が詰まってきているように感じて、これはひょっとしたら抜けないまでも差をかなり縮めれるかも…。そうしたらスタートでやや後方でスタートした分、ネットタイムの関係で逆転もあるかもしない、と思って最後の力を出して無理やり動かす。
のりさんより。ラスト300m前ぐらい。

いよいよラストになり、ああ、思ったより前との差は縮まらないままフィニッシュゲートへ。すると、タイム表示が「2:59:50」と表示されているのに気付いて、これはグロスタイムでも2:30を切らねば!と思い最後ダッシュして何とか2:30以内にゴール。ゴール後門川市長とがっちり握手させていただいた(笑)
ガーミンのラップ。だいたい一定で走れた。

まだゴールしている人が少ないため、ゴールを迎えてくれるボランティアの人達に一斉に歓迎され優勝したかのような雰囲気だった(笑)
着替えを受け取り、即自宅へ。
このマラソン大会のなにがいいって、ゴールの平安神宮と自宅が目と鼻の先であることだ。
終わってすぐ家で休めるというのは最高だ。家へ帰ると妻の母と妹が息子の面倒を見てくれており、私はちょっと風呂に入ったりゆっくりしてから妻のフィニッシュを見にゴール地点へ。
妻と妻の妹と息子と4人で

妻は4:20ほどでフィニッシュ。直前まで出るかどうか迷っていたが、家族の助けのおかげで出走することができた。子育てでほとんど練習もできていない中(3日ぐらい前に10km走ったのが最長)このタイムで走ってくるのはかなりスゴイ。私よりもポテンシャル的には優れているんではないかと毎度ながら思う。妻も走れてかなり嬉しかったようでほんとうによかった。
私としても、前日けっこう遅くまで仕事があった中でしっかり走れたので満足してます。
家族と、のりさんのサポートのおかげでとても思い出に残る1日を過ごすことができました。本当にありがとうございました。
レース後に息子と。一緒に表彰台に上がることはできなかったのでまた次の目標かな。


さて、これで今季の私のランニングシーズンは終わりでこれからは(トレーニングは)自転車に専念します。
実は今シーズン、実業団チームに所属させていただくことになり、実業団レースに出ることになりました。仕事もぼちぼち忙しくなってきており、どのぐらい練習できるのかもわからないし、レースもどのくらい出れるのかも不明ですが、折り合いがつく範囲内でぼちぼちとやっていきたいと思っています。まずは伊吹山ヒルクライムあたりが初戦になりそうなので(出られるかわかりませんが)そこへ向けてトレーニングをつんでいこうと思っています。
しばらく自転車お休みしていたので、かなり出力低下していると思われますがまた一からというつもりで徐々にやっていこう。とりあえず前回マラソン出走時の反省もあり今週はイージーで(笑)

2 件のコメント:

  1. いや〜おつかれさまでした。

    私も久しぶりに走りました。ゆっくりコーヒー飲んでる時間もないくらいの速さで鴨川までやってきましたね( ̄▽ ̄)焦りましたよ。
    とても楽しい1日でした!

    帰ってからうちの旦那のひとことが
    「井上くんは早く終わっていいなぁ」でした~_~;

    返信削除
    返信
    1. ほんまありがとうございました!おかげでぼくらも楽しい一日を過ごすことができました。
      旦那様も体調不良の中お疲れさまでした。確かに2.5時間で終わったのであっという間の印象でした(笑)

      削除