2015年6月10日水曜日

激坂トレーニング開始@前ヶ畑峠 81.6km 3:09:58 208w 2,365 C

本日は晴天。前日日が変わるまで仕事だったので朝ゆっくり目に起きて8:00過ぎに大原方面へ。
あざみライン対策に京都北部の激坂、前ヶ畑峠を上ってトレーニングの予定で。
本日のコース

まずいつもの早朝練習同様に途中峠までを一定の強度で淡々と。
あまりよく動けない感じがしたものの27分4秒、299wでタイム的には今までで一番速かった。
パワーの割に速くなったのは気温が高かったからか、ホイールが前回のものより軽いのだったからか。
ちょっと下ってからいざ前ヶ畑へ。
とりあえず1本目は百井峠まで含めてフルコースで走ってみた。
このコースは前半は緩やかな上りが続くが途中から10分ちょい、10%を超える勾配が続き、最大では20%を超えてくる。
むかし、トライアスロンも始めてないころにも行ったことがあって、その時はようやくなんとか終盤のきつい勾配を上りきったと思ったら、目の前に直線的なさらにきつい上りが出現し、絶望感を感じてついに足を着いてしまった。
このコース一番の難所。写真で見ると大したことなさそうだ。


今考えてみるとその時のギア比は最小で42×23Tの8Sだった。そりゃ絶望感を感じるわな(笑)
さて、コンパクトクランクの効果やいかに。

前半のゆるやかな上りですでにパワーが出にくい。かろうじて300wを維持するぐらいで10分ぐらいしたところでいよいよ激坂区間へ。
最適なギア比にしようとしたらもうそれが最小34×28Tであることに気付き、おいおいもうこれが最後かよ!大丈夫か?となるが特に問題なく淡々とすすむ。
たまにStandingを織り交ぜつつSittingメインですすむ。かなり勾配のきついところ(たぶんover20%)では脈動するようなぺダリングになってしまいがちなので、一定のスピードで進むように回すことを心がける。そうこうしているうちにいつのまにか頂上へきてしまった。
ゴールの頂上付近。かつてはこの手前で絶望感を感じたのだが…。

正直え?もう終わったの?という感じだった。かつて絶望感を感じた場所でも淡々とペダルを回すのみ。恐るべしコンパクトクランク。1本目は前ヶ畑の頂上をクリアした後は少し下ってから百井峠頂上まで進んで18分3秒、312wで終了。
一度下の方まで降りてから勾配が強まる滝谷橋から再スタート。
このあたりから勾配が強まってくる。

今回は最初から推定10%以上の坂を上り続ける。
2本目も難なく終了。11分9秒322w。
最後もう一度トライ。序盤の比較的緩やかな上り(と言っても10%強)ですでにパワーが出ないが、後半にかけて上げていき、最後は追いこんで11分1秒324wで終了。
下山擦る途中に水分補給。
湧水で水分補給。
日曜祝日の11~15時限定でこの800m先に「ちょっといっぷく」が出現するらしい。
めっちゃ気になる。


もう一度途中峠まで上ってから、今度は滋賀側に降りて最後花折峠へ。
最初はまるでパワー出なく諦めかけたけど、後半上げていって8分22秒325wで終了。
後は下山して、帰る途中でグランディールでパンを買って終了しました。

本日のスプリント錬はMAX980wでベスト更新。自分の場合、重いギアを踏むより軽めのギアでケイデンスを上げる方がパワーも出てスピードも出せるようだ。


腰痛も出なかったのでこの調子なら富士山でも大崩れすることはなさそうだ。まあ根本的に速くないとは思うんですが(笑)しかし次はどん欲に勝利を狙っていきたい。

今度時間があるときに京都最大の激坂(?)善峰寺へ参拝してみよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

息子は妻とまた水族館と梅小路公園で遊んできたようです。
テントが大活躍!

雨が続くので今日みたいな天気のいい日に外で遊びに連れて行ってくれてるのでありがたいです。

2 件のコメント:

  1. 善峯寺の駐車場で初ゴケしました。あれから車でしか行ってません(´・_・`)

    返信削除
  2. では今度行く時連絡しますわ!のりさん上ってる間にもう一本上っとくんで( ´ ▽ ` )ノ

    返信削除