2016年6月11日土曜日

レース前日 富士スバルライン試走

前日帰宅後、身体をほぐしに銭湯へ行って帰ってきたら疲れて早々に寝てしまったので早朝起床して(勝手に目が覚めて)準備して8:00過ぎに出発。
懐かしの吹田の極楽湯(中に入ったことはなかった)行ってみたら最高のジェットバスがあってめっちゃほぐせた。リピート決定。

近所の美味しいパン屋さんで今日の朝と明日のレース前のパンを買い込んで富士山へ。
ママのコンビニ休憩で姿が見えなくなり愚図る息子氏(笑)

かの長篠古戦場付近にできた新東名の比較的新しいSAにて。

草原を駆ける!

途中休み休み進んで13:00頃に到着。
美也樹うどんに行ってみたけどけっこう並んでたので諦めてジョリーパスタでパスタ食べてから富士急ハイランド駐車場へ。
ここで妻と子供は富士急ハイランドのトーマスランドへ。私はコース試走と受け付けへ。
初めてなのでフルコースを走るつもりで。疲れを残さないように250w程度で進んで、時々上げてみたりする予定で。昨年ヒルクライムの試走で凍え死んだ経験があるので、冬用のフル装備を背負って淡々と進む。聞いていたようにほとんど急勾配もなく緩やかな勾配が続くが、250w維持が楽ではない。前日からけっこう食べてるのでエネルギーは充填されてはいるがあまり動きはよくない。
中盤で瀬戸君に遭遇したためちょっと喋ったりしてから再び単独で進む。三合目ですでに250wはけっこうキツイなと思ってたけど、四合目にくると同じような主観的強度だと250wが維持できないレベルに。ううむ、高地苦手なの忘れてたけど、そりゃ富士山でも標高が上がればキツイわな…。無理しないように走ると220w程度。
予想してたよりかなり遅いペースでこれはアカンなと萎えたが、最後の勾配が上がるとこは330wぐらいに頑張ってあげてみてゴール。

富士スバルライン(胎内交差点〜五合目) 1:13:52 256w

昨年度、高地でのヒルクライムや練習に何度か来て標高が上がると他の人に比べてどうも出力の減少度合いが大きいようであると認識していた。この富士山も同様であることは薄々分かってはいたが、やはりそうなのかとわかり結構萎えた(笑)こんなの集団とはいえ1時間で走るの?いやいやいや、と(笑)
勾配が緩いためチャンスがあると思ってエントリーしたけど、さすがにこれだけショボい出力しか出ないとかなり厳しいだろうと思って目標を修正。
5位以内に入ってcyclowiredの記事にと思っていたけど、他のメンツのレベルの高さを考えるとかなり厳しいだろう。あまり何位とか考えずに、とりあえず序盤は無理せず集団で走っていけるとこまでついていく、という方針に転換しました…。

それにしても五合目は観光客(ほぼ中国系)がかなり多い。さすが世界遺産。

瀬戸君と合流し、写真を撮ったりしていたら中国系のおばちゃん達が私の自転車を勝手に拉致して、写真を撮るぞと(笑)


仕方なく一緒に写真撮影に興じ、せっかくなので僕もがっちり握手して写真を撮ってもらいました(笑)

異文化交流を終えてから下山して、さっさと受け付けを済ませてから妻達と合流、宿へ。

夜ごはんもおいしくてけっこう食べてしまいました。

宿の子(2歳)に遊んでもらったりしてたのですが、この後外で遊ぶと言い出して暴れて大変なことに…。

翌日の準備を外でしてたら、駆け回ってた息子が転倒、顔面からダイブし顔面挫傷、幸い大したことなかったので良かったのですが今後も生傷が絶えないだろうなあ(笑)
その他の準備も終えて22:00前に就寝。さあ、いよいよレース、ダメかもしれんけど全力は尽くすぞ!

0 件のコメント:

コメントを投稿