2016年10月1日土曜日

ツードおきなわ210kmコース② / 瀬底島

再び4:30起床で出発。
あまりに動けなさそうだったら奥の方面は廻らずに普久川ダム登ったらそのまま高江の方面へ行こうかと思ってスタート。Garminは結局復活しなかったので、メーター類はなしで。
やはり非常に疲れていて出力的には出てなさそうではあるけど、かといって自転車に跨ってるの自体がしんどすぎるということもなく、気持ちよく乗れているので210kmコースを走ることに。パワーメーターがあったらなかなかこうはいかず、数値が悪すぎたら萎えるので逆によかったかも(笑)
平坦区間はエアロポジションを意識して、スピードを感じるようにして走る。メーターがなくてもできるだけのことはしようと。普久川ダムは全く踏めずチンタラ登って、奥の方面へ。気持ち下っていたら、前方の道路を横切る黒い生物が。
ヤンバルクイナだ!と思ってすぐ写真を撮ろうとするも、あっという間に繁みの中へと消えてしまい撮影できず、残念。
たぶん一番遭遇率の高そうな場所だったし、間違いなかったかと。これだけでこっち側へ走りに来た甲斐があったなと満足。
再度普久川ダムをチンタラ登って高江方面へ。
と、下っていたらまたしてもヤンバルクイナ(と思われる生物)に遭遇!けっこう普通に出会えるもんなんかも。しかしまたしてもあっという間に繁みの中へ。
 
2回目はこの場所の少し手前で遭遇。ついでに自販機で水分補給1回目。沖縄って自販機の隣にカンやペットボトル捨てがないのですが、こちらではこれが普通なのだろうか。めっちゃ不便。

今日も高江のあたりはデモで通行規制。
 
こんな感じ。私も妻も沖縄 が好きだけど、恥ずかしながらこの土地が抱えてる問題に関してはあまり詳しく知りません。もう少し勉強した方がよさそうだ。

パワーは出ないがエアロポジション意識でスムーズにリラックスして走ることと、コースを頭に入れることはしっかりと。ダメながらできるだけ有銘〜カヌチャリゾート〜羽地あたりは頑張っておいた。レースと同じようなしんどい状況で走る感覚を養っておくことが重要と思う。
自販機とトイレ休憩以外は休まなかったお陰で前日の10分遅れぐらいで戻ってこれた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この日も隣のキッチンパパイヤへ行って飯食ってからいったん宿へ戻って、瀬底島の瀬底ビーチへ。
 
奥に見える島のピンポイントで雨に降られてる感がヤバい(笑)

 

この日も充実した1日でした。
最終日へ。

0 件のコメント:

コメントを投稿