2017年6月5日月曜日

富士ヒルに向けて…も不調続き / シャボン玉

金:ローラー1h 185w 35TSS
土:別院ループなど 100㎞ 209w NP236w 180TSS
日:六甲山など 203㎞ 177w NP205w 303TSS

土:午前中は仕事のため、早朝と午後の2部練にしようと目論んでいたが、早朝は2度寝して起きれず。疲れているんだろうか。仕事中も非常に疲労感が高かったが、帰宅してすぐに準備してから外へ。
調子よさそうならLT~VO2MAXレベルぐらいの高強度を入れておきたいぐらいに考えていたが、とてもそんな調子ではなさそう。勝尾寺を適度な負荷で上り12:58、296w。別院ループを反時計回りで2周回。少し動けるようになってきた感があったので、高山の下りで少し上げてみて5:35、320w。無理のない範囲でしっかり上げてみて、大分よく脚も回る感じがしてきたのでこれならきっと明日はよく走れるんじゃないかと期待してちょうど100㎞で終了。

日:来週末に富士ヒルクライムもあるので、長めのヒルクライムをしておきたいなと思って六甲山かエンゼルラインを考えていたが、エンゼルライン(小浜)は行くと300㎞近くなり少し遠すぎるので六甲山(逆瀬川~一軒茶屋)を含めたロングライドを選択。
ちょうど1年前の富士ヒル1週間前のブログを見ると5本敢行しており、2本目にベストタイムを記録している(信号待ちなければ36分ちょうどぐらい、318w)。昨年はこのレースをシーズン前半の目標と定めてここに向けて絞っていたので、当日朝飯を食った状態で60㎏切っているとある。今年は特に意識して減量はしない方針でいってみてどうなるか試してみようと思っていて、この日の起床時62.1㎏。朝飯をかなり食って出発前に63㎏ぐらいだったので3㎏ぐらい重いこととなるが、この差がどうでるか。体重はあるけど、昨年よりも出力は出ている感があるので325wぐらい出したいところ。このコースは特に前半ぶっこむと後半タレやすいので、前半の緩斜面区間は315w程度で抑えて後半上げていこうなどと計画して出発。
逆瀬川駅へ行くまでには北摂を走るよりも交通量の多いところを走ることになるので、時間のロスが大きい。これなら北から回り込んでこればよかったかなと思いつつのんびり走るけど、どうも少し頑張ってみても200w出ないので嫌な予感がする。あまりに出ないのでGarminの校正がズレているんじゃないかと疑って一度止まって校正し直してみる。ちなみにいつも出発時にGarminの校正はいつも2回ぐらいして、520前後から大きく外れているようだったら何回もやり直しているけど、今回も問題はなし。どうも残念なことに調子は悪いっぽい。
逆瀬川に到着してとりあえず昨年と同じように1本目を適度な強度で上ってみようとスタート。270w程度で入るもやはりこのぐらいの維持がすでに精一杯。こりゃ今日は全力でTTするのは無理だとあきらめて、とりあえず2本このぐらいのペースで上るプランに変更。
久々に六甲山を走ったけど、中盤からの急坂は未だ今シーズン走ってなかったので結構きつい。踏むペダリングにならないようにスムーズに回していくことを意識し、後半にかけてじわじわと上げることができ一軒茶屋でゴール。

逆瀬川~一軒茶屋 41:26 286w

昨年の1本目がStravaによると41:32、281wとあるので、昨年は工事区間の停止があったけどたぶん30秒程度の違いで思ったよりは変わらないという印象。
これなら2本目もう少し頑張ればなんとか40分は切れるかな…と思いつつ、下って2本目スタート。
しかし290w近くで入ろうと思ったが230wぐらいしか出ない。徐々に慣れてくるかと様子を見てみたけど、5分ぐらいしても一向に上がってくる気配がなく、むしろヘタレてきたのでこれは無理だと判断してここで終了。どうやら不調の状態で六甲山の急坂を走って、なけなしの脚から無理やり出力を絞り出されることになったので1本目ですべて持っていかれてしまったらしい。気合を入れて朝飯をしっかり食べて、セパレートワンピを着用して少し遅めの時間に出てきたけどこの結果。まあこういうことはよくありますわな(笑)
仕方ないとあきらめて、篠山方面をぐるっと回って、距離だけは乗っておこうと。
しかし本当に全部持っていかれてしまったらしく、登りでも200w出すのが厳しい状態でどこでもドアがあったら直ちに帰宅したいぐらいな気分。めずらしく道の駅いながわでストップして、焼き餅などを購入して補給。美味い。こんな時は休み休み走って、少しでも体が動けてくるのを待つしかない。
帰りたいならそのまま引き返せば最短で帰れるんだけど、わざわざ杉生の坂を200w以下でちんたらと上り反対方向へ北上していく。
こういうまるで走れないときって、いつもどうするべきか迷うんです。もし学生やプロ選手などのように、毎日自由に練習できるような環境だったら迷わず帰宅して身体を休め、翌日以降で回復した状態でしっかり走れるように練習をスライドさせたらいいと思うのですが、仕事があるとなるとまとまって走れるのが多くの場合週末か、人によっては仕事休みの平日などに限定されるのでこの方法は無理です。
なので何が正解かはわかりませんが、自分の場合特にここで帰宅してしまうと、アァ今日は予定していた練習がまるでできなかったヨ、と精神衛生上もよろしくないので可能な限り走ることにしており、ゆっくりでもいいからできることを意識して(テクニック面、身体の動きなど)距離を走るということになります。
というわけで、ちんたら山を越えて、平坦を走り亀岡まで。この時点でこのまま帰ると160㎞ほどで、まあこれでも今日のコンディションを考えれば十分よく走ったとは思うのですが、携帯をチェックすると妻子も実家でゆっくりしており帰宅が遅れるとのことだったので、せっかくならと別院ループを2周、40㎞ほど追加して帰宅。後半にかけて少しは走れるようになってきて、法貴峠は220wぐらいでは走れてました。
トータル200㎞ちょい走って帰宅。まるで動けないときでも走ることで、逆に効率的な動きを求めようとして少しずつスムーズで無駄のないペダリングが養成されていくに違いないと、期待。

今週は特に木曜ぐらいからずっと不調でしたが、まあこんなことはよくあることでしょう。週末は富士ヒルクライムですが、その時にはコンディションが回復しているはず。
昨年はこのレースでシーズン前半の目標としていたのでしっかり調整をしましたが、今シーズンはまだ続くので特にばっちり調整をすることは考えていません。それでもしっかり追いこんで走って楽しめるぐらいにはコンディションを整えて臨みたいと思います。今年も強力な選手がたくさんいるので、その中でどのぐらいやれるのか楽しみです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
土曜はサイクリングから帰宅後にシャボン玉などを。

けっこうすぐ割れるので、割れないシャボン玉液を作るのどうすればいいかネットで調べてみたら、砂糖やヒアルロン酸入り化粧水を添加すればいいらしい。こんど作ってみよう。
 
妻と縄跳びでジャンプ!日頃のジャングルジムからのジャンプなどの成果が出てきたのか、跳躍力と着地時の安定感が増してきた気がする。そして新たな秘密兵器も…。

日曜は私が六甲山に向かっている中、息子も同じ山を背景に@末広公園。

いつか一緒に上る日が来るんでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿