2017年10月2日月曜日

沖縄練 stage2 / 妻とのんびりとした時を

土:別院ループ3周回 114km 206w NP235w
日:北摂模擬おきなわコース 215km 202w NP239w

土曜日。
早めに帰宅する必要があったので早朝5:30ごろ出発して4時間ほど。
日曜に猛者たちとハードな練習をする予定だったので軽めに走って、後半はVO2maxインターバルを入れよう…と思ってゆっくりと勝尾寺を上り、別院を周回するもかかりが悪い。しんどいとかではないんだが。結局、法貴峠を利用した30sec on/offインターバルを15本やって、350〜400/200〜250w、ave.303w,np313wという残念な内容。もう1セットやろうとしたけどやはりかからず5本ぐらいやって終了。早朝で気温も低かったのも要因だったかも。
帰宅して、息子と遊びに出かけに。練習を早く終えると他のことの時間もたくさんとれるし、次の日に向けたリカバリーの時間も多くとれるのがよい。

日曜日。
当初はサダさん、ホリイさんと3人での死闘サイクリングに行く予定だったけど、その旨をブログに書いたら物好きな変態たちが次々と参加を表明してくれたため、非常に豪華なメンバーとなった。
メンバー:サダさん、コウジさん、堀井さん、雑賀さん、藤田さん、キリP、ヒムロ君、寺内君、井上()の計9名。
コース:ガレリアかめおかスタート、高山公民館フィニッシュのおきなわをイメージした150㎞。
ポイント:
・るり渓を仮想普久川ダムとし、おきなわをイメージして2回目のるり渓の上りまでは全員でゆっくり走る。2回目からは各自好みの強度で。
・ガレリア以降は途中休憩なし。
・大きく千切れた場合は待たない。西峠までで千切れた場合は篭坊温泉を経由する迂回ルートなどを用いて再合流可能。

という、鬼畜のような設定によく参加してくれたもんですよ…。このメンツだと調子悪ければ私がその憂き目にあう可能性も十分あったわけなんですが。

8:00ガレリア亀岡集合で、あまり上げずに淡々と向かう。途中から亀岡特有の濃霧が発生してきて日が閉ざされ寒い。セパレートワンピースとアームカバーだけで来たけど凍えるぐらいでウエアのチョイスをミスった…。

最初は新紅葉峠へ向けて出発。が、早くも道を間違えて別ルートで日吉ダムへ。まあ最初は余興に過ぎないので、どのルートでもOK。むしろ上りが緩やかになりこちらのルートでよかったな。
日吉を回ってくる間に徐々に日の光も差し込みはじめ寒くなくなってきたけど、それまでの寒かった影響で、船岡の交差点でいったんトイレストップ。いつトイレストップしようか悩んでたので助けられた。
すっきりしてから1回目のるり渓(17〜9分程度の上り)へ。ゆっくりといったものの序盤は威勢のいい方々が牽いてそれなりに強度高め。工事区間が出現しており、一度ストップorz。ちなみに帰宅後調べたら10月末までやってるらしいよ…。
工事区間を過ぎてからは比較的おだやかに進み、下って2周目へ。さすがにメンバーがいいのでここまでは全く誰も脱落する気配なし。
私はまたしても尿意を我慢できなくなり、2回目のるり渓手前で止まって待ってもらうことに…。ノンストップ、待ちませんって言った張本人がすいません…。

2回目に入りいよいよ練習本番がスタート。キリちゃんがいいペースで上げていくので、それについて走る。中盤あたりでホリイさんがアタック気味に上げていく。ホリイさんのマッチョっぷりから考えて長く続かないと思って淡々と自分のペースで上るとすぐに吸収したけどこれで予想以上に人数が減ったっぽい。
工事区間前で青信号の間に通過しようとキリちゃんが上げていき、これによって集団が崩壊、回りを確認するとすでにキリちゃんとサダさん、私の3人しかいない…。まだ勝負は始まってもいないのでこれは早すぎでは、と思ったけど雑賀さんは前日にはりちゅうで2hエンデューロ含む2レース出て2連勝してからの参加だし(その翌日にこの練習に参加しようというメンタルやばいwww)、しょうがないのかもしれない。
この後は私がメインでペースを作りつつ、時々上げたりしながら他の2人の力を探りつつ頂上まで。なんとなく、サダさんも比較的苦しそうであるがまだ力はあり、キリちゃんは限界が近そうな雰囲気。
先日のJPTのヒルクライムでシングルリザルト(すごい)だった漢の実力を探るべく、おきなわ普久川ダム2回目でありがちな頂上付近の攻防をイメージして上げてみるとサダさんは何とかついてきたがキリちゃんが脱落。毎年、2回目の頂上付近は補給地点であることと、上り切った安心感からかここで脱落する人がけっこういるので参加される方は要注意を…(多分けっこう重要)。
2人の状態を把握したところでペースを緩め、キリちゃんを回収して3人で西峠へ。

杉生の交差点から緩く上りはじめ、ここはとりあえず淡々と上る。序盤でキリちゃんは千切れたのでここからはサダさんと2人で。まだ勝負は始まっていない、というかここで勝負を決めて1人になってしまってもつまらないのでAve.300w 14分ほどで。
デカンショ街道を走り、天王峠はペースで走る。ショートカットコースを利用して堀井さんとヒムロ君が合流し4人で終盤の上りへ。
まずは名月峠(4分ほど)で適度に上げていくも、やはりサダさんは千切れず、本コースの勝負所、野間峠へ。
私も水不足もありけっこうへばってきているが、上げていってもサダさんは千切れず。強い。
終盤の斜度がキツくなるところで上げて、ようやく切り離しに成功。手強かった…。口渇が限界に達しつつあったので先に下って少し先の自販機でコーラを補給(←セコい)。
堀井さん、ヒムロ君、そして寺内君とも再合流して最後の裏高山へ。
もうさすがにヘロヘロだけど、やはり最後はサダさんと2人になりスプリントで先着し終了。うむ、いい練習だった…。

ヒムロ君より。残ったメンバーで公民館の前で記念撮影。


他のメンバーはTKGに飯を食いに行ったようだけど、私はここで別れて帰路へ。
こんな苦行に参加していただいたみなさまありがとうございました。
また開催するので、よろしければ是非ご参加を…。

昨年の同時期に行ったマツケンさんとの死闘(私のこれまでの練習のうちでもベスト3には入る内容)との比較をしてみた。特に終盤はほぼ同じコースを走っているので。

2016/10/16 マツケンサンバライド
213㎞ 7h06m 2774mUp 186w NP221w
黒石ダム 13:20 309w
名月峠 3:55 302w
野間峠 10:18 323w
裏高山 6:33 340w

2017/10/1 沖縄錬 Stage2
215㎞ 6h55m 3361mUp 201w NP239w
るり渓(2回目) 16:53 313w
西峠 14:12 295w
名月峠 3:41 309w
野間峠 10:29 309w
裏高山 6:53 311w

全体としての獲得標高やNPは今回の方が高いけど、昨年のは終盤の闘いが激しかった。まさしく灰となったのを今でも思い出します…。
今月もまた関西に戻ってくるらしい。調子も上がってきてるらしいしめっちゃ楽しみにしてます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
土曜は朝帰宅後に一度妻と合流。


そしてエキスポシティへ向かい、再びOrbiへ。

この日は虎がお出迎え。
叩くとクリオネが発生する。
私もシマウマ…。
ゴリラの4Dシアターへ。気に入ったらしく2回見た。

Taroの撮影スポットにて。

日曜は日中は妻の実家で息子を預かってもらっていたので、練習から帰宅後は抱っこ紐の中で寝た娘と妻と3人で近所の公園まで散歩に。

娘が生まれてからずっとバタバタしてて、息子が風邪引いて家族全員に波及したり、気が休まる暇がなかった(主に妻が)ので、こうやってのんびりと散歩したりしてゆったりと心穏やかに過ごせるのがかなり久しぶりで、とてもいい時間だった。息子が生まれた時はよく鴨川(京都)に散歩に出掛けてのんびりしたりしてたことを話したりしつつ。

補給は近くのコンビニで買ったストイック目なものを。レースに向けて徐々に集中力も高まってきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿