2017年11月3日金曜日

勝尾寺TT 10:15

木:ローラー60m 204w
金:北摂 100km程度  incl.勝尾寺TT 10:15 341w 
     ローラー40m 154w

今シーズン秘かに目論んでいたことがあって、それは勝尾寺ヒルクライムのレコードを更新することでした。
勝尾寺ヒルクライムのレコードは私が知っている限りの情報では、数年前にワットモンスター氏が出した10:27というものです。プロ選手がトライした記録で、もっと速いものもあるかとは思いますが、とりあえずホビーレーサーが記録したものとしては10:27がレコードのようでした(もし他の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えてください)。
勝尾寺ヒルクライムは長さ4.4km、勾配が5.4%と斜度変化もなく緩やかな勾配であり、また市街地からアクセスもしやすく、勝尾寺という名所の前ゴールであることから北摂ヒルクライムのメッカとなっています。大阪全体としても、十三峠、葡萄峠と並ぶ3大ヒルクライム人気スポットと言っていいでしょう。


1年半ちょい前に京都から大阪へ移住してきてこの地で練習するようになり、自宅から最もアクセスのよい峠が勝尾寺であったため、この峠をホームコースとして練習を積んできました。
まだ2年も住んでないのにおこがましいですが、ここを拠点として練習する者としては何としてもレコードホルダーになりたいと引っ越してきた時から思っておりました。昨年はトライした時に不調もあり、更新できず。今年は7月のニセコ前に一度トライして、10:36とあと僅かだったのでおそらく秋の沖縄前には更新出来るだろうと手応えは感じていました。
数年前からStravaがサイクリストの間で広まってきて、私もこれは面白いと使い始めてから、一時京滋地方の主要な峠のKOMは私が保持していることが多かったのですが、そこへ突如として現れた、今や誰もが知っている超級クライマーのnicoちゃん(田中君)によりほとんど私の記録は塗り替えられました(笑)まあ私など大したクライマーでもないので彼レベルの選手が現れれば当然なのですが。
勝尾寺のKOM(10:29)も昨年より彼が保持していましたが、勝尾寺は前述の通り斜度も緩やかであり、ピュアクライマー向けというよりはどちらかというと私ぐらいの中途半端な体重とパワーがある人向けだと思われ、十分KOMも狙える峠だと思っていました(花背峠とかはもう無理です)。

おきなわへ向けてテーパリングを開始し、練習量も減ってきた中で刺激を入れるメニューとしてこのTTをこの金曜の祝日に設定しました。
今週ははっきり言って疲労感が強く不調で、平日は低強度のローラーと軽くインターバルを入れる程度の練習に。沖縄を含めた先週の疲労が蓄積しているものと思われます。
木曜夜には銭湯に行って入念に身体をほぐしました。夜は下手なレースより緊張するぐらいでした(笑)

当日朝は7:00前ぐらいにゆっくり起きてきて朝飯をしっかり食べ、10:00ぐらいに出発。
タイヤやカセット、チェーン以外はほぼレース仕様にしてセパレートワンピースで出陣。
だいたいこうやって気合い入れて準備して出陣した時に限って不調なことが多いのですが…(案の定予感的中することになる)。

まず西田橋(勝尾寺のスタート地点)に到着し、1本目はアップで適度な強度で上る。13:30 294wほど。何となくだが、あまり高い強度が出せないような気が…。調子がいい時はちょっと踏んだ時に軽く320wぐらい出る感覚があるけど、この日はそれが20wぐらい低い感覚。走ってればよくなってくることが多々あるので、引き続きインターバルなどを入れつつ高山公民館まで走り、引き返して再度勝尾寺まで。ここでボトルやサドルバッグなどを置いて軽量化してから下っていざスタートへ。

調子はイマイチ感から弱気になり、とりあえず序盤は無理のない強度で入ろうと決める。秘かにダメだった時のために「予備日」として日曜再チャレンジの計画も立てていたので、悪くても悪いなりの強度で完遂する予定で。
スタートして400w以上である程度スピードに乗せてから360wぐらいで巡行。
しかし序盤ですでに360wがきつい。こりゃやっぱりあかんかもと思いつつ粘るが、5分経過時点ですでにave.360wを割っている。さすがに止めようかという考えが頭をチラつく。だが一応やると決めたわけだし、スピードは出ている感覚があり何となく途中経過でのタイム自体は速いような気がする。ひょっとするとパワーメーター(4iiii)の校正がずれてて低く出ている可能性もあるなと思って、とりあえず分岐点まで粘ろうと苦しみながら回す。ちなみに分岐点で7:00ぐらいだと10:30前後のレコードタイムペースだ。
分岐点へ到達。何と6:40だ。
やはりか…とは思うものの、身体は動かずバテている。しかしここで悪いなりに粘ればレコードは出るなと思い、苦しみに耐えつつ最後のゴール前の急坂を下ハンダンシングで駆け上がってゴール。手元では10:10秒台だったので、これはいったなと思ってとりあえずStravaにあげてみたらKOMとなってて安心した。

勝尾寺 10:15 341w

この出力値がほんまかどうかわからんけどかなり低調。それにしても苦しすぎた…。

とりあえず荷物を回収して、別院ループを1周してから帰路へ。余裕があれば法貴峠で上げようかと思ってたけど、ダメなりにかなり追い込んで気持ち悪いし、やはり調子自体悪いようで上がらず。無理はせずに適度な負荷で、スムーズでリラックスしたペダリングを意識してまた勝尾寺まで。

もしレコード出せたら勝尾寺でダルマ買って帰ろうと決めてました。タイムはでたものの出力はショボくて不本意な結果だったのでどうしようかと迷ったけど、まあ決めてたことだしと入口の売店にセパレートワンピースでずかずかと入ってダルマ買って帰宅。

もう少しデカいダルマ買おうと思ってたけど、本堂でしか売ってないとのことでこの小ぶりなやつを。左眼を入れときました。

TT終わって淡々と走ってる時に色々と考えてたけど、何となく表示されている出力と感覚的な出力感はだいたい一致しているので多少低く出てた可能性はあるけど大きくはズレてなさそうな印象。風向きなどのコンディションに関しては、特に追い風が吹いてたりとかもなく、どちらかというと途中で逆風かと思ったぐらいだったので、それが大きく影響してたこともなさそう。
やはり1番大きいのは機材やな。間違いないだろう。
身体が動かなかった原因についても考えてたけど、疲労が抜けてないのに加えて、昨日銭湯でほぐしすぎて身体が緩みすぎたのかも…。これまでにもそういうことあったからなあ。やはり前日にマッサージ系をやり過ぎて緩ませすぎるのは禁か。ある程度の筋肉の緊張がないと動かないのかもしれない。

まあよくわかりませんが、とりあえずスピードが出てた、という事実が重要なのです。レースは出力ではなくスピードを競うものなので。
しかし何となくもやもやしてるのは間違いないので、予備日としてた日曜にコンディションが悪くなければもう一度トライしてみようかな。今回地獄を見たのでもうちょっと控えめの強度で入ってみよう。とりあえずレコードは出せたし気も楽だから案外また更新できるかも…(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トレーニングの後はプロテイン!よくわかってる息子です。


夜はこの時期定番の鍋で栄養補給(背景は関係たりません)。


今日も仲良くやってます。


0 件のコメント:

コメントを投稿