2017年8月28日月曜日

久々にロング錬 / プラレール

土:小浜往復 225㎞ 205w NP216w
日:美山往復 155㎞ 206w NP219w

ローラーでの室内トレーニングも出力が出てきておりある程度のレベルに達したと考えられたのでそろそろ距離を乗り始めようとロングへ。
ただ、今週平日の疲労が回復しておらずかなり倦怠感は高い。勝尾寺へ向かう途中でBSの某オフロードのトップ選手、S田選手を見かける。
うわ、こんな日に追いかけられる展開になったら嫌だな〜と思いつつ、逃げるようにしてとりあえずいつも通りの様子見で勝尾寺を走る。

勝尾寺 11:44 325w

やはりこれで精一杯な感じで調子はイマイチ。S田選手はこちらに来なかったようで助かった…。

そのあと、美山方面へ向かうもダメな状態で勝尾寺で絞り出したからかもうすでに200wぐらいしか出ず。この時期としてはかなり涼しくて絶好のサイクリング日和なのに残念。
引き返したいぐらいの気分だけど、最低でも美山まではといつもの聖水ポイントを目指す。

いつもの。ん?ハブ毛が綺麗?(また後日に紹介)

この辺りから、200wぐらいならしんどさを感じることなく淡々と走れるようになり、とりあえず名田庄ぐらいまでは行ってみるかと走る。
うむ、淡々と走れているので小浜市まで入るぐらいまで走るかと。
オバマ入りして少し走ったところで110kmを超えており、まあこの辺にしておこうと引き返して再び淡々と。帰りの堀越峠辺りでふたたびしんどくなってきて、遠くまで行ったことを少し後悔するも、しばらくすると再び回復してきてまた美山の聖水ポイントで補給、すぐに出発。

帰りの南丹市役所あたりでかつてトライアスロンチームにいた時の後輩達に遭遇。

この翌日にレースがあってこの日はコース試走していたと。
私がトライアスロンを始めた時に小学生で、今や大学生になったと。時が流れるのは早い。この後、同じく明日レースに出る一昨年の職場の先輩にも遭遇し、しばし話してから淡々と走って帰宅。比較的涼しい中でかつ低強度だったお陰か、この時期としては奇跡的に聖水ポイントでの給水とトライアスロン会場で少し止まっただけで、あとは止まらずに持参の補給だけで走れた。

翌日も時間のある限り走ろうと再び美山へ。
前日に輪をかけてさらに動かないけど、時間がある時に走り込んでおきたいので美山を目指す。様子見の勝尾寺で試しに上げていくものの、すぐに300w以下に落ちてしまいさすがにこの日はダメだと断念。低強度で淡々と走る。
高山を下ったところで後ろにツキイチしてくる気配。無言で後ろについてくるので、こんな時に限って(前日と同様)と思いつつ、ちょっと勾配が上がったところで300wぐらいでしばらく走ってみるけどなかなか千切れない。300wぐらいが精一杯なのがつらい。亀岡GCへのローカルな道へ入り、もう流石に来ないだろうと思っているとまだ後ろに気配が…。
この野郎!と思って堀越峠で400wぐらい絞り出したら後ろから苦しそうな息遣いとシフトダウンの音と共に千切れていく気配…シメシメ。
あ、その気になればそれなりにの力出せるじゃねえかと。帰宅後ログを確認したらショボいけど3分350wぐらいは出てた。誰だか知らないけどお陰で少し強度を上げれました。ありがとうございました。

とはいえ、さすがに厳しくて200wが精一杯な感じでとりあえず美山の聖水ポイントへ。

この後、南丹のトライアスロンを見に行こうかとも考えていたけど時間的な関係でそのまま来た道を引き返すことに。帰りは出来るだけ頑張ろうと、220w前後を維持して淡々と。帰りの堀越峠(西側)の激坂がキツすぎたけど何とか出力を落とさず帰宅し155kmほど。この日もストップは聖水ポイントのみで走り続けれた。

淡々と低強度で走っただけなんだけど、久々に週末で長距離を走れたのはよかった。徐々に長い距離を走る中で強度も高めていきたいところです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
プラレールで独創的なことをしたがるようになってきて、息子と共同で作る。

橋脚を2段積み重ねて橋を高い位置へ。細かい調整はまだ無理なのでその辺りは私が調整。

下に積み木を噛ますことを教えたら無駄に入れたがってたくさんブッ込んでた。

何か出来ないことがあっても、癇癪を起こすことも減ってきたような。


0 件のコメント:

コメントを投稿