2016年6月4日土曜日

六甲山×5 150km 179w / タイヤ交換

金:ローラー90分 186w(incl.10分311w)
軽めでカロリー消費。後半に10分だけ上げておいた。

土:8:00頃出発で六甲山へ…の予定がタイヤ交換(後述)に手間取り9:30発に。
日曜は当直明けで十分なトレーニングはできないので、本日をレースに向けた質、量的に高い最後のトレーニングとなる。六甲山を最低3本、できたら5本リピートする予定。
起床時体重59.2kg,朝しっかり食べた状態でも60kg割ってた。何だか動物性タンパク質の摂取量を減らしてから浮腫もとれて一気に減ったような…。
変なダルさはないがさすがにトレーニングの疲労もあるのかあまり最初から動けそうではない。六甲山へ向かう道中はちんたら漕いで徐々に動かしていく感じで。
逆瀬川踏み切りに到着し1本目スタート。プランでは1本目はアップで280w程度、2本目に頑張って、残りも280wを目指して、という予定で。とりあえず結果としては以下の通り。

逆瀬川〜一軒茶屋×5(Garminデータ)
①40:45 284w
②36:11 318w
③44:46 250w
④46:09 242w
⑤44:18 253w 
ちなみに道中に信号及び工事区間があり、3本目以外全て数十秒は停止した(2本目も20秒程度停止)。

これが4200m upのグラフ(笑)

1本目…250w程度から徐々に上げていく。中盤280w程度だがやはりそれでも急勾配はキツい。今日もダメかも…と思いつつ下って2本目スタート。

2本目…いつも最初上げすぎて、中盤けらの急勾配で垂れてかなり苦しい展開になっているので序盤は抑え目にいく作戦でスタート。前回は330w以上出してたけど、今日は310w程度の入り。というか予想外に寒くて1本目の下りで冷え過ぎたのか動けなくてこれがいっぱいいっぱいだった(笑)
しかし序盤抑え目にしたおかげで中盤以降も垂れることはなく。苦しい急勾配もダンシングとシッティングを織り交ぜつつ、シッティングではスムーズにしっかり脚を上げて回していくことを意識。パワー表示みるより、身体の動きに集中してスムーズさを意識した方がむしろパワーは上がってることに気づいた。
一度工事区間で20秒ちょい止められが、終盤でベストを大幅に更新できていることに気付いて、最後まで粘ってゴール。今までのベストを2分近く更新してGarmin上では36:11。出力も318wと高くはないが、一応ベストで初めて垂れたりせずにまともに走れた感があった。
3本目…下ってスタートするも序盤200w程度しか出ず。280w程度を目指していたが、まあ2本目頑張ったし仕方ないと徐々に上げてってゴール。出力違うと10分近くもタイム違うやな〜。
かなり空腹感が出てきたので下ったとこにあるファミマで一旦おにぎりなどそれなりに補給休憩してから4本目へ。

4本目…次こそ280w、と思って最初から上げていくもすぐに落ちて200w程度に(笑)逆に中盤から、たぶん一気に食べたことによる代償性の低血糖状態になり意識が朦朧としてきた。4本でやめるかななどと考えていたら後半に意識レベルも改善されてきて、平均240w以上で終了。何とかいけそうだったので5本目へ。
5本目…最後なのでできる限り、と序盤260w程度を維持。お、いけるやんと思っていたが、今度は真にダメージが蓄積してきてたようで、それ以上は上げれず。こんな時こそテクニックと、しっかり脚を上げて回すことを意識しつつ走りフィニッシュ。まあよく頑張った。

5本完遂し、ファミマで買ってあった塩豆大福を頂上で食べた時の美味しかったことといったら…。

終盤はやや自己満足的な練習になったかもしれないが、決めてたことを完遂して自信を得ることも大事であろう。
かなり苦手としていた急勾配のこのコースで大幅ベスト更新できてレースに向けて大きな自信になった。とはいえトップクライマーと勝負するのはまだ厳しいか?何でもやべさんは35分切るとか…(笑)でも体重減の結果これだけタイム上昇するなら58kgぐらいになってレース機材で走り、ベストコンディションで325w程度出せばいけるのかも、とも思ったり。
とりあえず今日得た1番の収穫は、「序盤は抑え目に」ということかな。ヒルクライムのアドバイスでどこ見ても言われていることだけど。呉々も某Iさんのアタックについていかないようにしよう…(笑)

帰宅して御飯食べてから仕事へ。日曜は当直明けなので軽めに乗るだけになるだろう。来週は回復させながら、短めの高強度を入れてコンディションを整えていこう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


先日リアタイヤを見てみたら愛用のゲータースキンも繊維が見え始めてたので、出発前に交換することに。1年以上乗ってパンクはなかったはず。さすがコンチ製だ。

交換するのはベックオンのエンデューロで賞品としてもらったミシュランpro4。ミシュランはすぐパンクするイメージがあるのだが、せっかくいただいたので使わないともったいない。たぶんpowerが出たので在庫整理なんやろうねえ(笑)

まずフロントに着手。このシュワルベアルトレモも相当キテてそろそろパンクするんじゃないかとビビってたので。ちなみにこれは昨年ヤフオクでかのパワータップホイールを購入した際に最初から付属してたものなのですが、リアは金蔵寺に行った時に早々にサイドカットして使用不可になってました。フロントもすぐダメになるかと思ってたけど想像以上によくもったな。

んでタイヤ交換に着手するも、pro4が想像以上に嵌めづらい。クリンチャーでは過去最高レベルのハメ難さだ。
横着してタイヤレバーを使って嵌めたら何と2回もチューブをダメにしてしまった。
一旦休憩して、ググってみるとやはりpro4はかなり嵌めづらいタイヤのようだ。YouTubeで嵌めるテクニックを学んでかそのようにやってみると素手で何とかいけた。
基本的なことで当然できると思っていることでも、上手いテクニックは案外知らなかったりできてなかったりするもので仕事とか日常生活にも通じるものがあるな〜と反省いたしました。やはり基本的なことを疎かにしてはあかんな〜。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

朝出発時にケーキ(?)を口の周りにつけた状態で見送ってくれました(笑)

ストライダーもまだ乗って進むことはできてない(両足を浮かせた状態でバイクを走らせてはいない)けど、だいぶスムーズに動かせるようになってきたようです。

父が山をリピートしているのに触発されたのか?息子もクライミングを(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿