2016年6月18日土曜日

絶賛増量中でダイエット走 137km 205w / プールと息子と私

富士ヒルクライム後、増え続けた体重(後述)に歯止めをかけるべく外へ。
食べ続けた結果、身体が浮腫みまくっており(後述(笑))、動きがかなり悪い。膝関節周りとかパツンパツンだ。この筋肉の状態が著しく正常と異なる状態で無理をすると故障を引き起こしそうな気がするので無理をせず適度な強度で。というかそもそも高い強度出せないけど。
一度訪問してみたいと思っていた篠山の自転車屋さんへ向かう予定だったのですが、予想していたより遠くて帰宅予定時間を大幅に過ぎそうだったので断念して途中で引き返す。また今度行ってみよう。

帰りも道を間違えたりしながら、予定時間を大幅に過ぎて帰宅。帰路には少し浮腫みも軽減されてきて動きもよくなって生きていたような気が(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年おきなわ後に暴食し過ぎてエラいことになっていたので、今回はそんなに暴食はせずに、ケンタッキー行くぐらいで少々の体重増にしておこう、と思っていたのですが、富士ヒルクライムが終わった直後から帰りの車ですでに食べ過ぎてしまい(笑)、これで歯止めがかからなくなって毎日家にあるお菓子やら、職場にあったお土産のお菓子やらを食べ続け、おまけに今週少しローラーに乗っただけでほとんど練習もしなかったので身体が浮腫みまくって体重もヤバいことに。
下腿のpitting edemaがヤバい。病的なレベル。

昨日は職場の飲み会がビアガーデンであったのですが、食べ放題だったことでポテトやら唐揚げやらレース前には絶対に食さなかったであろう方々(笑)を腹がはちきれんばかりに食べ、さらに帰宅後におやつを食べて動けなくなってから就寝。
起床して出すもんだして軽くなった後で計測した体重がこちら。
軽量化した状態でレース前の+7kg…。

いや、人ってたったこれだけの期間でこれだけ増やすことができるもんなんですね。まあほとんどは水分と糖質なんでしょうけど。
本日の練習後。だいぶ徐水できた。

前述したように動きは悪かったのですが、日常生活ではパワーが漲っており、減量中のへろへろな状態とは違って明らかに元気(笑)とりあえず山を登るのに速いか遅いかで言ったら間違いなく遅いんですけど、健康状態としては今の方がいいんでしょうね。
自分の減量の限界ポイントがどこにあるかわかっていないので、今回のヒルクライムではとりあえずいけるところまでいってみようと、最大で早朝起床時で58kg台まで絞ってみましたが、おそらくここまでやると筋肉が落ちてパワーが低下し、ヒルクライムだけを考えても減量によるプラス分とのトレードオフでも微妙な気がしています。昨年の絞った時(冨士あざみラインや乗鞍、おきなわ前など)と合わせて考えてみても、どうも60kg台ぐらいになると何も刺激を与えていない状態でも筋肉痛になったり、全身の倦怠感がひどかったりして、おそらく筋肉がかなり分解されていってエネルギーとして使われている状態なんだと思います。勾配の急なヒルクライムではその状態と速さのトレードオフが微妙なラインになっている気がしますが、普通のロードレースぐらいならパワーが漲っていて元気に走れる方がいいのかもと思ったりしてます。
とりあえずしばらくは体重はあまり気にせず(さすがに現在は浮腫み過ぎだけど)たくさん食べて出力を上げる方向でトレーニングしていこうかと考えています。
ちょうどさっきラグビー日本代表の試合がやっていたのですが、やっぱりラガーマンは逞しくてかっこええなあと(笑)しばらくはマッチョ系サイクリスト目指してがんばろう。昔ボートやっているときは67~8kgあってもっと逞しかったもんなあ(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だいぶ遅れてしまったが、帰宅してから息子を近所のプールへ。ちなみにこの方、午前中も1.5時間ほどみっちりプールで遊んできたそうです(笑)
妻と離れて私が連れていったので、マンションの扉の前でママ~と号泣。まあいつものことです(笑)

10分ぐらいでなんとか落ち着いてプールへ(笑)

話は聞いていたのですが、ヘルパー付きですが自分で浮いてばたばたして進むようになっていたり、壁に掴まって背泳ぎのスタートみたいなことができるようになっていたりと大きな進歩が。

練習後に相変わらず好きな干し芋を食べてこの笑顔(笑)

そういえば関係ないですが、父から「先日送った動画の息子の口の開け方が私にそっくりである。」と写真が送られてきた。それがこちら。
母と私。1歳4ヶ月の時のものらしい。

んで送った動画を見返して、切り取った写真がこちら。
妻と息子。1歳8ヶ月。

…確かに一緒やわ(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿