2018年3月12日月曜日

西日本チャレンジサイクルロードレース A-E 31位

金:なし(片道通勤のみ)
土:別院1周回 74㎞ 186w NP227 勝尾寺 12:00 330w
日:西チャレA-E 31位 60km 1:33 212w NP285w

日曜に広島中央森林公園で開催された西チャレに出場してきました。
レース1週間前にスタートリストが公開され、見てみたらシマノや愛三などプロチームがたくさん…自分のコンディションは上がってきているとはいえ、現実的に今の実力を考えれば20~30位ぐらいかなあと。全日本の出場権(15位以内)を得ようとエントリーしたのですが、やや厳しそう。しかしやれるだけのことはやってみようと今週金曜以降は回復に宛て…
…のはずが木曜午後の当直前から体調が悪い。金曜以降もよくならず、土曜日は藤田さんと軽めに走り行き、勝尾寺はそれなりに走れたものの後はさっぱりで流したのみ。夜さらにしんどくて翌日の準備もまるでしないまま就寝。
日曜朝もかなり気分が悪くDNSしようかも頭をよぎる。しかしレースは何が起こるかわからないからダメなりにうまく走ればそれなりの結果が出ることもあるし、身体は動いて予想外によく走れる可能性もあったので朝6:00過ぎに広島へ向けて出発。ちなみに今回は家族で遠征に行く予定だったけど子供たちも体調悪いので一人で行くことに。

到着後受付を済ませてから準備して、公園内の道路を利用してアップ。まあ息が上がりやすいけど全く走れなさそうではない。
幸い、気温はそれなりに上昇してきて夏用ウェアに長そでインナーを着用した装備でスタートラインへ並び、いざスタート。

レースは約12㎞のコースを5周回。昨年沖縄前10月8日に中国サイクルGPに出場した時は6周回だったので1周少ない。
短いので特にスロースターターの私には1週目が鬼門だが、思ったよりは気持ちよく走れる。昨年1度走ったからコースも覚えていたのか、やはりプロが多いからか昨年よりは走りやすい印象。
しかし逃げができるまでは集団も活性化しているのか時折ペースアップがあったりして早くも千切れそう…。しかしここを耐えれば楽になるはずだと辛抱して1周目後半の3段坂やその後の上りも何とか耐えて2周目へ。
よくはわからないけど1周目のうちに逃げも決まったようでプロが先頭で集団をコントロールしてくれてペースもだいぶ落ち着き、ほっと一息。なんとか第1段階はクリアしたといったところ。
3周目までは時折あるペースアップなどにも何とか対応しつつ集団で走っていると、いつの間にか人数が減って、見渡すと残っているのはプロチームの選手やそれなりに力があるホビーレーサーといった印象。
これなら展開次第ではひょっとした15位以内いけるんじゃね?という甘い考えが浮かんだものの、4周回目に3段坂手前からのペースアップによりかなり厳しい状態になり、発生した中切れをうめようと頑張ったら今度は自分がそこで力尽きて千切れてしまう。
しかし前は何とか見えているので他の千切れた選手と前を追いかけてかろうじて集団復帰。もう限界に達しており、最終週回前のゴール前の坂でまたしても千切れてしまうも、その後なんとか踏ん張って復帰。その後はまさに金魚の糞状態。
この時点で残っているのはプロチーム以外では清宮さんとかキリPなど力のある選手のみだったような。キリちゃんが「これなら15位以内いけますよ」的なことを言ってくれたけれど、残念ながらもう逝っちゃってます。
ここでペースが緩んだのでまただれか逃げができそうだなと思ってたら、やはり前方で清宮さんら数人が集団から抜け出すのが見える。が、自分にはそんな力は残っておらずに見送るのみ。後ろにも数人に追いつかれたのか人が増えている。
案の定、3段坂2段目ぐらいで完全に千切れてしまう。あとは他の千切れた人と走りながら最後の坂に入るも、スプリントどころか普通に上る力さえもなく、なんとかラスト100mぐらいで落ちてきた人を抜ければと思ったもののそれもできずにゴール。
ゴール後清宮さんと話したらあの後逃げに合流して最後スプリントで3位に入ったと。すごすぎでしょ…。ヒルクライムも強いしまさにオールラウンダー。

明らかに10位以下だったからすぐに帰宅準備して撤収。岡山のSAできび団子だけ買って、いつもの西宮付近で渋滞もあったけど17:00前に大阪の自宅に戻れた。

帰宅してこの日のデータを見てみたら、Garminデータでは60㎞、約90分の平均212w、NP285wで、後半の上り区間でも4週目の限界に達したところが3:30 360wと他にもまあそれなりにコンスタントには出しているので、しょぼいけれどもめちゃめちゃ悪かったわけではなく悪いなりによく頑張ったと思う。
ちなみに昨年の中国GPのデータをみると、あの時は2周目ですでに4人になっていたので展開などがまるで違うけど、1周多い72㎞でave.247w NP283w。2分値までは今回の方が高く、それ以降は昨年のほうが高い値が出ているという感じなので、やはり今回がそこまで悪かったわけではない。
昨年との一番の違いは体重が4~5㎏程度重いということだろう。まあこれは仕方ないけどやはりこれだけ重いと全然違うんだろうな、という印象。

というわけで今回の結論としては
「体調は悪かったけどそこまで影響はなくて、悪いなりによく頑張った。
今回ダメだった一番の要因は単純に現時点での力不足。
でも例年のこの時期にしてはかなりよく走れているし、足りない部分も分かったのでこのままトレーニングを積んでいけばよい。」
という感じだろうか。能力的には2分ぐらいまでの400wを超えるような繰り返しでダメージを受けて回復できなかった感があるので、これからそのあたりも強化していこう。

朝行こうか迷ってたぐらいだけど、普段の練習では絶対に経験できない負荷がかけれたし、苦しかったけどレース楽しかったし行ってよかったと思いました。
しかし結局全日本の権利は獲得できなかったので、4月のチャレンジも出ようかと検討中。あと1か月あればだいぶ走れるようになっているはずだし、またこんな激しいレースしたいなあと。まあ仕事の兼ね合いですが…。

ところで今更ですが、Stravaに表示されている加重平均パワー(Weighted power)ってTPとかGarminとのNormalized powerより結構低く出てるので何が違うんだろうと思ってググったら以下のようにありました。今回のデータもNP285wに対してWP262wでした。

’’NP is Andy Coggans formula which I think is a 30 sec average of power, Strava uses Philip Skiba’s formula also knows as Critical Power which I think is 25 sec average of power.‘‘

どうもNPはCogganの30秒平均を使ってて(30秒ごとの平均出力を4乗したものの累積平均の4乗根するってパワートレーニングバイブルに書いてあった)、StravaはPhilipさんの25秒平均を使ってるらしいと。
へえ、そんなことも知らんかったのかと言われそうですがそうだったのか。

とりあえず、早く体調を戻そう。と言って戻るなら誰も苦労せんわけだけど。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
息子は緑地公園にて久々に友人と会って楽しく遊んできたようです。

眠気を我慢して遊び過ぎたのか帰ってきたら一時超絶不機嫌になってましたが…


娘は息子より食べ物には興味を示している印象。


しかし息子の面倒見はなかなか素晴らしいです!頼もしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿