2017年7月12日水曜日

夏休み北海道旅行 / ニセコへのコンディション調整を振り返り

レースは終わったけど、夏休みはまだ続き、むしろこれからが本番?
レース後に表彰式が終わってからすぐに車に戻って日本海側へ。
海に行きたいという坊主の要望に応えて盃海岸まで。

最初はヤドカリとったりしてましたが…

安定の(?)石を投げて遊んだり過ごしました。

とにかくでかい石を投げたいらしい。

私の父のやるところを見て学習。


鎖骨の形した流木を発見

この日はこのまま同じニセコの宿に戻り、夕食バイキングでタンパク質をがっつりと補給しつつ、レースまでは我慢していたスイーツなども。ガトーショコラが美味しすぎてかなり食べたけど、攻めすぎることはなく終了。うむ、いい傾向だ。レースのブログを書いてから就寝。

月曜日。早朝起床し、予定では軽くサイクリングでも行きたいところだったけど、例のRDの不具合でチャリが乗れる状態ではないのでかなり久々にジョギングへ。45分ほど、無理のないペースで終了。このレース終わったら一度違う刺激入れるために走ろうかとも考えていたのでちょうどよかったかも。

早朝で熱気球が飛んでました。

この日はボート部時代の北大の友人に会うために、チェックアウト後に札幌へ。

近況などを聞けて楽しい時間でした。

スープカレーも美味しかった〜。

この後、坊主の「お口見たい」→真実の口が見たいという無理やりな希望を叶えるために、真実の口があるらしい白い恋人パークへ。一体ここへ真実の口目当てで来る人なんているんかしら…。
しかしパーク内には子供向けのキッズエリアもあり、楽しんでいた。

肝心の真実の口は…

怖がって触ることができず、遠くから眺めるのみ。

見たいって言ったのお前やんけ〜!!

この日は定山渓のホテルに私の両親と宿泊。
ホテル内にウォータースライダーなどがあるデカいプールがあり、夕食までここで楽しんだ。

夕食は再びバイキングで、この日はついに食欲の抑制が外れてしまい、肉やスイーツをかなり食べ、挙げ句の果てに部屋に戻ってからも気持ち悪くなるまでお菓子を食べてしまった。まあ1日ならええかと。気持ち悪いのが収まったら気付いたら寝てて朝に。

火曜日。また早朝、というよりはちょっと遅めに起床。体重は61.5kgぐらいとそんなに増えてなくて安心。単発で暴食する程度なら一時的には増えるけどまたすぐ減るはず。おそらくだけど、体内のグリコーゲンが満たされるまではかなり食べても問題ないけど、満たされた状態で何日もカロリーオーバーを続けると余計な脂肪が蓄積していくのではないかと思う。
ちょっと脱線しますが、今シーズンはこのまま沖縄までそれなりにフィットした身体を維持しつつトレーニングを続けようと思っています。
今回のニセコに向けたトレーニングでいい経験となったのは、
・減量を急激にやるとひどくコンディションを落とす可能性が高い
・レース1週間前に減量を終えていると、絞れてる状態でも元気でいられる
ということです。今回絞りすぎて絶不調になったため1週間以上前からよく食べて回復させましたが、おかげでこれまでの沖縄に向けた調整と異なりレース数日前からかなり元気でいられました。
ここ2年ほど、沖縄2ヶ月前の時点ではそれまでに食い過ぎてたおかげでかなり体重が増加しており、急ピッチで絞って何とか間に合わせる感じだったのですが、レース2週間前から2日前ぐらいまではかなり疲労感が高く、練習でもパフォーマンスも出せてなかったのでこれでいいのかなと思っていました。今回、予定外ではあったものの急激に絞り過ぎた状態に達したお陰で直前1週間半は減量の必要がなく、むしろエネルギー収支がプラスになるように食べていたおかげでレース数日前から体調がいい(元気な)状態でいられた、というのは今後に向けていい経験ができたと思います。まあレースはアレだったわけですが…。
備忘録としてここ3ヶ月ほどの体重推移を掲載しておきます。測定方法は早朝起床時、トイレを済ませて(小だけのことがほとんど)からパンツ一丁で行うことに統一しています。


3月頭には確か68kgほどあり、後半で66kgぐらいになってから記録をつけるようになりました。多少の増減を経ながら順調に減っていた体重が激増したのは富士ヒルクライムの直後です(笑)
んでこの直後より反省して減量開始したら、軽くなるにつれ上りで飛ぶように速くなり、限界はもっと先にあるのでは?と思ってしまったお陰でやり過ぎて、最軽量時は何と57.5kgほど、練習後は56kg台に…。高1の夏頃に少し太り過ぎだなと気付いて軽いダイエットを始めて、水泳部の夏合宿で銭湯に行った直後に軽量した時に57kgだった記憶がありますが、おそらくそれ以来です。身長(171cm)はすでに今とほとんど変わりなかったので、今回もそこまではいけるんちゃう?と思ってしまったのもやり過ぎた一因かも…。
この後から絶不調に陥りその後回復させてます。

今回のレースがアレだったおかげかおきなわへのモチベーションも高く、ジャンク祭りを開催するよりはこのままのフィットネスを維持してトレーニングを継続していきたいという気持ちであるので、今回はやや増加程度に維持した状態で、もう一度ベースからフィジカルを養成していこうと思っています。時間は十分あるので、急に減量せず緩やかに減らしていけば今以上に絞れた状態で元気でいられる可能性もあるし、試してみようとも思います。まあ言うは易く行うは難しなんで、そんなうまくいくとも思ってはいませんが…。この夏は家族の一大イベントもある予定なので、トレーニングのことばかりは言ってられませんが、できる範囲で目標を見据えてやっていこうと思います。

だいぶ脱線しましたが、火曜も朝に定山渓あたりをウロウロとジョギングへ。前日軽めに45分ほど走っただけですが、全身のダメージは絶大で、普段使用しない腹筋などもかなり筋肉痛。そして内臓が揺さぶられるからか身体の深層の色々支えている筋群が筋肉痛な感じ。

美しい渓谷を眺めつつジョギング。

それでも走って汗を流し、身体に刺激を与えると気持ちがいい。1時間ほど走ってから朝食を食べ、私はまだしっかりやってなかったバイクパッキングを、妻と息子はまた遊べるプールへ行ってもらいました。

昼に宿を出発し、千歳空港へ向かう帰路で羊ヶ丘展望台へ。

クラーク像と。息子よ、大志を抱け!

羊達と。最近では珍しくなった妻と2人のショットです。

ストライダーが乗れるところがあって乗りたいと。

それでママもこれ被って、これに乗れと指示してくるので、その1枚。

ちなみに私もやらされました。

運動後にレストハウスでジンギスカンを食し、空港へ。無事大阪まで戻ってきました。

レースのことは反省してまた次に繋げるとして、家族で長い間過ごせて楽しい夏休みでした。
一緒についてきてくれた両親、妻子に感謝です。

0 件のコメント:

コメントを投稿