2015年8月26日水曜日

ローラー50分 3分361wなど

朝起床できたらローラーしようと思っていたら5:00過ぎに起きてしまったのでローラー台へ。

ここしばらくはレース前のアップをやり過ぎるのも微妙な気がしていたのでだいたい20分程度軽めに動くか、適当に試走するかぐらいにしていたのですが、早朝の練習でも1時間ぐらいある程度の強度で動いたほうがその後良く動けるようなので、今回のレースでレース前のアップを見なおしてみようと思って、本日施行してみた。某有名アマチュアライダーのブログを参考にして良さそうだったのでとりあえずこれを取り入れてみることに。
今回のレースはスタートが7:00とかなり早いしね。

50wぐらいからゆっくりと回し始めて、自然に動いてくるようになるまで20分ぐらい。だいたい200wぐらいまで。→ある程度の強度(L3ぐらい)で10分。今日は284w。→5分ゆっくりと流す。→レースでペースで上った時の強度と思われる強度(L5)で3分。今日は361w。→しばらく流して終了。

という流れで。なかなかいい感じだったので採用してみようかと。
問題なのはレースホイールではパワーが測定できないことか(笑)

何かレースに向けて最後の悪あがきはできないかと思ってAmazonで買ってみた。
フルーム氏も愛用の一品

もともと自分は鼻腔の空気の通りがかなり悪い(なので普段の生活からいつも口が開いている)上に、今回のレースでは酸素が薄いことがネックとなっていると思われるのでダメもとで試してみようかと。
とりあえず試着してみた感想は、鼻腔の空気の通りやすさがまるで違う。38%増えるという宣伝文句は伊達ではなさそうだ。ただネット上の評価を見てみると、ずれ落ちるとか、鼻水が止まらないので使うのをやめたというレビューもちらほら散見されるので、明日あたり使ってみてからレースで使うか決めるとしよう。

ちなみに装着した後のヴィジュアル的な面では最悪(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日もいろいろ散らかして妻を困らせていたようです。どこの家でも繰り広げられれいる光景なのでしょうが…(^_^;)


0 件のコメント:

コメントを投稿