2015年11月12日木曜日

ツールドおきなわ振り返り ①機材、装備編

今シーズンと、ツールドおきなわを振り返って記事を残しておき、来年(出れるかわからんけど)に役立てよう、という企画。
まずは第一弾として機材、装備編。
ちょっと業界人っぽく機材の内容を書いてみる(笑)

フレーム:Look595
ホイール:GOKISO 38mm ワイドクリンチャ―
タイヤ:Continental supersonic
コンポ:Dura ace9000(RDとクランクとカセットはUltegra6800)
クランク:fc-6800 50-34 172.5mm
カセット:cs-6800 11-25
ハンドル:3T Rotundo team 420mm
ステム:3T ARX team 120mm
サドル:Bontrager Serano RXL 138mm
ペダル:Time RXS carbon
シューズ:Shimano SH-TR60 トライアスロンシューズ
ヘルメット:KASK protone
ウェア:チャンピオンシステムの普通のチームジャージ

フレーム:今年3月(誕生日)に予期せぬ事故により新しい自転車を探すことになり、ヤフオクでこのアメリカンカラーと細身のフレームに一目ぼれして購入。そのいきさつはこちらを参照してください。世間では「しなりが」とか言われているようだが、私にはあんまりわからない(笑)
強い人が乗ればどのフレームでも関係なく速いと思っているのだが、ある程度合う合わないはある気がする。少なくともこのフレームは自分に合ってないことはないと思われる。乗りやすくて気に入っている。

ホイール:レンタルできることになり、前日にGOKISOブースにて交換してもらって使用。まず走ってて思うのはノイズが少なくてめっちゃなめらか。重いホイールだが、上りでも重さは感じず走りの滑らかさを感じる。上りで実際に速いかはわからないが、下りでは明らかに他の選手より速い。高岡さんも使用していたため、とりあえずこれを使えば機材的に差が出ることはなくなると考えて貸していただくことにしたが正解だった。資金があれば購入も考えたいところだが(笑)

コンポ:ヤフオクで購入した際に9000が付いていたためそのまま使用していたが、RDのプーリーゲージが削れて変速不良となったためアルテグラ6800に交換。まあコンポは実際に速くなるかどうかという観点ではどれでもほとんど一緒でしょう。ただ、昨年の105から比べてブレーキは明らかに制動力、安定感が増したと感じる。
クランクは、最初付属していたのがローター+Rideaの楕円チェーンリングだったのだが、なんとなく真円の方がスムーズに回せるような気がして交換。コンパクトにしたのは他にこれしか持ってないので。50-34でも沖縄では問題なし。今後変更するとすれば9000の52-36かな。

ハンドル、ステム:通勤用がこのクラシックベンドのものでしっくりきていたので、最初からこの形のハンドルに交換。やっぱりこのクラシックな形がしっくりくる気がする。ステムは何年も前からずっと使ってるもので水平になる3Tの-17°のもの。

サドル:長らくコンコールライトを愛用しながら、他のサドルを試してみてはすぐにコンコールライトに戻っていたのだが、今年ついに他にしっくりくるサドルをみつけて以降愛用している。

ペダル:ロードレーサーを購入した2003年ごろに先輩に初めて貰ったビンディングペダルがTime impactで、それ以降ずっとTime。トライアスロンやり始めた2010年にRXSを使用し始めて、特に問題ないため以降ずっとコレ。特に不満とかなし。

シューズ:以前書いた記事を参照。今年初めにいろいろ試したが結局これを使ってる。ただ、相変わらずベルクロが剥がれるため変な留め方してるし、すこしゆるいので、いつかシマノのロードシューズの購入をもくろんでいる。

ヘルメット:9月末に群馬のレースで落車した際に割れてしまったので、さらに古いヘルメット(2005年に購入したMET)を使っていたのだが、今回レース前に妻にプレゼントしてもらって大変気に入っている。自分は頭の形が歪んでいて、たいていのヘルメットは全然合わないか、Lサイズでないと入らないのだが、これはMサイズでもよくフィットしてコンパクトにおさまる。やや正中からずれてしまうのだが、これはまあ仕方ない。風を受けて走る時はよく頭を下げるのだが(写真参照)、このヘルメットは後部が丸くて抵抗にもなりにくそうでエアロ的にもgood。さらに軽いし。スカイブルーのカラーも気に入っているのだが、難点はチームウェアの色と全く合っていないところか(笑)


ウェア:これも群馬のレースで落車した際に肩のあたりが破れてしまったのだが、妻に裁縫してもらって着れるようになり感謝。
そういえば、今回ゼッケンをピン止めしたうえでばたつかないように強力両面テープを細かく切って間を塞いでウエアと密着するようにしてみたけど、これはエアロ的によかったように思う。また来年も忘れずやろう。今回、前日に宿でゆっくりできて、こういうことをする時間があったのもよかったな。


昨年まではやや機材の差もあったと思うのだが、今年はフレームが新しくなり(古いモデルだけど)、ホイールもGOKISOを貸していただけたお陰でほとんど差はなくなったと思う。
なので来年以降、装備的に(実際に速くなるために)やることがあるとすれば、
・またGOKISOにホイールを貸していただけるよう懇願する(笑)
・エアロワンピにする
ぐらいだろうか。あとは実業団レースではないので、フレーム含めてもっと軽量化するか(現在は決して軽くない)ぐらいしか…。
それよりも、今回レース前にノムさんにメンテしてもらって安心感があったのだが、きちんと整備してもらって安心してスムーズに動くようにしてもらうことが重要な気がします。

とりあえずこんなところで。次回は補給食編を予定。

2 件のコメント:

  1. 参考になります(´・Д・)」

    返信削除
    返信
    1. まあ重要なのはほとんどエンジンでしょうけどね。しかしトップを狙うとなると、他のことでもTeam skyのように「1%の積み重ね」が大事なのかなと。
      http://www.lifehacker.jp/2014/02/140210marginal_gains.html

      削除