2015年11月14日土曜日

ツールドおきなわ振り返り ②補給食編

市民レースの表彰台に上がった程度で調子に乗ってこんな記事を書いているのもなんだか自分がばかばかしい気もするけど、こういった内容は意外と1年たつと忘れているものであり、書いておくと見返したりして役に立つので、自己満足ではありますが残しておきたいと思います。

今回は補給食に関して。
自分は持久力には自信がある方ですが、これまで出場したロングディスタンス系のレース
・ツールドおきなわ(140km、210km)
・ロングディスタンス日本選手権(佐渡トライアスロン、S2km-B100km-R20km)
・五島長崎トライアスロン(S3km-B125km-R25km)
ではいずれも後半に消化器系へのダメージによって食料を吸収できなくなり(腹がちゃぷちゃぷになってくる)、パワーダウンするという結果となっていました。練習ではそんなことはないのでおそらく、強度が高くなるか、レースの緊張(精神的なもの)によって消化器の動きが悪くなると考えていましたが、普段の練習ではほとんど固形物を摂取しているのに対し、レースではパワージェルなどをソフトフラスクなどに入れて摂取していたので、ひょっとすると糖質が高濃度の液体を摂取するとダメなのではないかと思って直前の練習で塩おにぎりなど消化のよさそうな固形物メインでほぼ休憩なしでビワイチをしたところ、特に問題なく走れたので本番も固形物メインで行ってみることにして準備しました。

レース週では水曜まで減量で食事摂取を減らしていましたが(減量については別途記載予定)、木曜から炭水化物中心に摂取しはじめ、前日に寝る前にはMag-onでマグネシウムを摂取(意味あるのかわからんけど)、レース(7:45)の朝は4:30頃起床で前日からヨーグルトにつけておいたミューズリーをどんぶりいっぱい食べて出発。腹もちがいいのでその後はMag-onをまた摂取したのみで何も食べずにスタートを迎えました。
今回、ジャージのバックポケットに補給食として入れたのは先日も書いたとおり、

・塩(雪塩)おにぎり×5(800kcalぐらい)
・スポーツようかんプラス×10 (1170kcal)
・クリフバー×2 (550kcal)
・Mag-onジェル×2(340kcal、轟さんに渡してもらうボトルにビニールテープで付けておいた)
のトータル2850kcalぐらい。

でした。雪塩でMgなどミネラル分も一緒に摂取する作戦で、気温も30℃ぐらいまで上がりそうだったことから普通に食べると塩辛くてまずいぐらいに仕上げましたが、ちょっと塩辛すぎてレース中でもあまり美味しくなかったな(笑)
レース中は序盤におにぎりをメインで食べて、後半は食べやすいようかんを補給していく作戦で。
で、前半2回目の上りまでにおにぎり3つと、羊羹3つ、クリフバー1/3個、Mag-onジェル1つを摂取。
その後は腹が減ってパワーダウンする感じもなかったし、やはり高江の上りが終わってきつかったあたりでじゃっかん消化できずに腹がたぷつく感じがあったので、その後はあまり摂取せず。

結局、トータルで摂取したのは、

・塩(雪塩)おにぎり×3(500kcalぐらい)
・スポーツようかんプラス×4 (450kcal)
・クリフバー1/3 (90kcal)
・Mag-onジェル×2(340kcal)
・ボトルのスポーツドリンク(グリコCCD、300kcal分ぐらいか)

で、トータル1700kcal程度でした。
今回残った塩おにぎり。ラップの包み方もレース中食べやすいように工夫したのだが、それでも若干食べづらいのがやや難点。「食べやすい」というのはレースの補給食においてはかなり重要なファクターだと思われ、そういった観点ではスポーツようかんプラスの押したら出てくるという食べやすさは最高の部類に入ると思います。ジェル類は食べやすそうですが、種類によっては案外飲み口が切りにくいものがあり、要注意(今回のMag-onジェルもその点では摂取しづらく、改善の余地ありと思われる。)


やはり消化器系に若干のダメージはありましたが、いままでのレースに比べればだいぶよかったかなと。
エネルギー切れする感じもなかったので、普段の練習から脂質代謝能力の高い体に仕上げておき、前日まででしっかりエネルギー補給で来ていれば補給食としては1500kcal程度で十分かと。今回持っていき過ぎてずっと無駄な重量物を背負っていたと思うので(500gを削ろうとしている身としてはけっこうバカにできない重量と思われる)、今回のことを踏まえると次回レースに持っていくものは、

・塩(雪塩)おにぎり×3(500kcalぐらい)
・スポーツようかんプラス×5 (450kcal)
・Mag-onジェル×2(340kcal)

ぐらいでいいのかな、と。

それといままでレースで脚が攣りやすい傾向にあったので、Mag-onを摂取してみましたが、攣りそうにはなったものの致命的な攣りはなかったので今後も継続してみようかと。
攣りの原因に関しては原因はまだはっきりと分かっておらず、電解質が原因というより、神経説(普段経験しない高強度の刺激が加わることにより、神経-筋の収縮のバランスが崩れる、とかそんなことが書いてあったような。違うかもしれません、ごめんなさい)が有力であるというような記事を割と最近みましたが、それらが複合的に絡んでいる可能性も高そうだし、効果がありそうなものは試してみたいとは思っています。

まあ来年までの間にいろいろ試行錯誤していい補給を考えていこう。

次回は、レースまでの食事、減量に関して記載する予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿