2016年5月3日火曜日

六甲山~十万辻~逆瀬川 95km / 何かが足りない

本日はniko chanにサイクリングに誘ってもらい六甲山へ。
彼はこの1年ぐらい(?)でストイックな練習により急激に力をつけてきた、今話題のクライマー。
登りでは私の力では敵うべくもないが、胸を借りるつもりで逆瀬川へ。
 逆瀬川踏切を超えたところからスタート。
序盤の緩斜面のところは積極的に牽いていきたいところだが、そこまで動けなさそう…。
中盤の激坂に突入する前にすでに苦しい。何とか食らいついて、中盤の急勾配区間へ。
こちらは350w以上出していても彼は淡々と上っていき、たまらず脱落。
ここまで16:55 337w。
例のごとく激ダレしかけたが、なんとかできるだけ頑張ろうと280w程度で粘っていたら次第に動けるようになって300w程度に。終盤は320w程度まで上げることができて、千切れてからの残りは21:10 300wでゴール。

逆瀬川~一軒茶屋 38:05 316w

出力的には残念な値だが、タレてから終盤持ち直したところは評価できるか。
ちなみに彼は36:00ジャスト。次元が違いますな…。

下ってから猪名川方面へ向かうべく十万辻の緩斜面コースへ。
緩斜面なら勝負できるかもというセコい考えでコースに入れてみた。
最初は動かなかったが徐々に動くようになってきて、なんとか先着できた。

十万辻 9:43 348w

しかしどうも彼はスローパンクしてたっぽい。そういえば逆瀬川で付き位置の時、なんかタイヤ凹んでないかな?と気にはなっていたけどもしやあの時点ですでに…。それであのタイム、恐るべし。
 パンク修理してから猪名川方面へ…、行くはずが道を間違えて池田まで下ってしまった。
せっかくなので五月山を上ることに。
料金所のところからスタート。序盤は急斜面、中盤からアップダウンのあるコースなので最初に食らいついていけばなんとかなるかも…、と思って序盤頑張る。最初の数分350~70wぐらい出ててめちゃめちゃキツイ。次の勾配が緩くなるまで頑張ろう、というのを何度も繰り返してなんとか中盤まで耐えしのいだ。しかし大分脚を使ったおかげで中盤のアップダウン区間でもそんなに牽けず。
けっこう牽いてもらったにも関わらず、最後は上げてセコく先着。

五月山 17:41 333w

道間違えたおかげで〆に上げれてかなりいい練習となった。今日の自分のコンディションでは一人じゃ絶対にできない強度で走ることができて感謝。
 あとは勝尾寺を下って帰路へ。
次に会うのは富士ヒルクライムかな?それまでには身体ももう少し絞っていいコンディションで戦えるようにしておこう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サイクリングの間に妻たちは万博公園へ。

好きな小川で。

そしてベビーカーで爆睡。

数日前から断乳しているのですが、そのせいかめっちゃ食べるようになりました。
逆にいかに母乳の栄養価が素晴らしかったかということでしょう。

 私がサイクリングから帰って、少し仕事に行って帰ってきてから夕方外に遊びに。
相当にぐずっていたのをあわてて外へ連れ出したので何かを忘れた。

何かが足りない気がしないでもないが、本人は快適そうにしていた。



開放的な気分になったのか楽しそうに走りまわってました(笑)

断乳により、妻は体調は悪くなるし息子は暴れて寝れないわでかなりつらそうなのでできることはサポートしたいところであります(この状況でトレーニング行かせてもらってることに本当に感謝しないといけないな…)。
特に寝かしつけが大変です(騒ぎまくって全く寝ようとしない)が、やはり赤ん坊の時と同様に、抱っこして外に連れて子守唄を歌って歩いていると落ち着いて寝るようです。また家族で夜に散歩するのが日課になるかもしれません。

2 件のコメント: