2014年10月18日土曜日

山中越(京都側) 14:08 362w 他 1,521 C

朝のんびり起床。昨日水春行ったおかげで体はほぐれている感じがするが、ところどころ揉み返しで痛い箇所がある。
どっかの上りを数本やろうと思っていたので、久々に山中越(京都側)を走ってみることにした。記憶によれば昨年おきなわの前に上って以来だが、その時はその1本のためだけに走って351wと出力的にはベストが出たものの体重が増えていたためかタイムが遅くて萎えた気がする。調べてみるとやはりそうだった。確かベストは14:40ぐらいだった気がする。何本かやるのでTTではないが、最初の1本でベストは出したいなと思って出発。

ここも自宅から非常に近い。
バプテスト病院を超えたT字路からスタート。

1本目はアップで軽めにのぼる。スタートして割とすぐにおそらく20%程度のヘアピンカーブが出現するが、短いので特に問題はない。昨日ので揉み返しがあるのか力が入らないような感覚があるが、まあ悪すぎるということはなさそう。ボトルだけ頂上に置いておいて、下ってからスタート。
序盤5分ぐらいで360w以上が割と落ち着いて出せれていたので今日はいけると確信。
ギアの選択をこまめにしつつ、効率的なぺダリングを心がけることだけを意識。
最後までぺダリングを崩すことなく走りきることができ、14;08、362wでフィニッシュ。終盤の平坦区間で逆風でなかったら14分切れたかも。
フィニッシュ地点手前ののぼり

それでも去年のおきなわ前より1分程度速い。パワーも上がっているし、体重も昨年よりだいぶ軽い(本日練習前61.8kg)。タイラー・ハミルトンンが著書で減量はドーピングと同じくらい重要だと言っていた気がするが、たしかに体重を落とすと山ではかなり速くなることを実感している。
昨年のおきなわは中盤から逃げて後半はヘロヘロだったが、何故か(たぶん全くマークされていなかったことが大きい)運良く逃げ切ることができた。今年はクラスも上がって強い選手がたくさんいるからそうはうまくいかないだろうけど、アクシデントなく勝負に絡めるような楽しい(苦しいけど)レースができたらと思っています。

滋賀側に下ってから2本目。
滋賀側のスタート地点手前、近江神宮。

下りきったとこで筋肉が固まってるのかスタート直後は全く動かないけど、徐々に上げてきて312wで。
また京都側に下り、と4本目までやって、③320w④345wと徐々に回復していったところで終了。
Garmin Connect

下って北白川のパン屋グランディール(かなりお気に入り)にパンを買いに行ったら、スポーツじてんしゃに乗った仲の良さげな中年のご夫婦に声をかけられ、比叡山上ってこられたんですかと。
のぼりはきつくないですかと尋ねられたので、ああ、最初にかなりきつい坂が出てきますがすぐに終わりますし、あとは大したことないですよ、と答えたりしいい感じで別れた。
その時は何も思わなかったけど、帰る途中でよく考えてみると、決して間違ったことは言ってないが間違った気がしてきた。

息子は今日は予防接種に行ってきたようですが、注射される瞬間は大泣きしていたようですがあとは大人しく寝ていたらしい。

私が毎日針を刺すお仕事をしていることは内緒にしておこう…。

明日はきょうへいと美山方面へ繰り出す予定。

0 件のコメント:

コメントを投稿